@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スケープゴート

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スケープゴート
scapegoat
いけにえの山羊 (やぎ) の出典旧約聖書レビ記』。贖罪 (しょくざい) のためやぎに罪を背負わせてに放ったという故事からこの言葉が生れた。転じて,現在では民衆の不満や怒りの解決のために,代りに攻撃標的とされてしまう集団,国,民族などのことをいう。ナチスが民衆の不満をユダヤ人への憎悪攻撃に転嫁解消したのはこの典型的事例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スケープゴート(scapegoat)
古代ユダヤで、年に一度人々の罪を負って荒野に放たれたヤギ。贖罪(しょくざい)のヤギ。
責任を転嫁するための身代わり。不満や憎悪を他にそらすための身代わり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スケープゴート【scapegoat】
〈贖罪のヤギ〉などと訳される。古代ユダヤには白いヤギに人間の罪や苦難を背負わせて荒野に放す習慣(《レビ記》16章)があったが,ここから転じて他のものの責任の身代りとして,社会から迫害,圧迫される個人や社会層を指す。ナチズムにおけるユダヤ人や,スターリン主義下のトロツキスト,クラーク,日本では関東大震災における朝鮮人等が代表例である。これらの場合は,大きな政治的‐社会的変動のなかで従来の社会制度がうまく機能していないため,人々が不安や挫折感を有している状況において,支配層が人々の不満や憎悪のはけ口を,他の,本来は無関係な対象に射し,攻撃するように操作する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スケープゴート【scapegoat】
古代ユダヤで、人の罪を負って荒野に放たれたヤギ。贖罪しよくざいのヤギ。
他人の罪を負わされ身代わりとなる者。いけにえ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スケープゴート
すけーぷごーと
scapegoat英語
bouc missaireフランス語
贖罪羊(しょくざいよう)。いけにえの山羊(やぎ)。古代ユダヤでは『旧約聖書』「レビ記」の定めに従って、年に一度ユダヤ人の罪業(ざいごう)を山羊に身代りさせ、荒野に放つ儀式を行うことで、自らの罪科を贖(あがな)ったという。この故事から転じて、個人、集団、あるいは民族の苦難、不安、恐怖、欲求不満、罪意識から派生する憎悪、反感、敵意、攻撃的衝動を本来の原因からそらし、なんのいわれもない、報復や反撃の可能性の少ない弱者や逸脱者に転嫁し、非難と攻撃の標的として血祭りに上げることをスケープゴート化といい、身代りとして選ばれるターゲットが、スケープゴートである。今村仁司(ひとし)(1942―2007)が述べているように、スケープゴートは両義的存在者であって、受難者・犠牲者であるにもかかわらず、「共同体内部の人間の眼には暴力を体現する(発動する)ものとして恐れられる」。この問題認識は、スケープゴート論に潜在的挑発性という視点を導入して新たな地平を切り開いた山口昌男(1931―2013)や、バルネラビリティ(攻撃誘発性)の概念を援用してスケープゴート現象を裏から照らし出した中村雄二郎(1925― )の問題提起と響き合っている。スケープゴートは偏見と差別によって選別されやすく、被害者は単に言語的非難・攻撃にさらされるだけでなく、身体的危害や社会的制裁を受けることも少なくない。ナチスによって迫害されたユダヤ人や関東大震災時に虐殺された朝鮮人は、いずれも現代史上における痛ましい事例である。支配者や権力者は危機的状況に陥る場合、しばしば特定の少数民族、社会の少数者集団や逸脱者をスケープゴートに祭り上げて、民衆の不平不満、憤怒、不安、絶望などを巧みにスケープゴートに転移し、政治的、経済的、社会的危機を乗り越えようと試みる。スケープゴート化は現代社会における大衆操作の手法として、ますます重要性を高めている。
 スケープゴート化には三つの形態がある。第一は強迫型で、他人から脅かされていると信じ込み、一種の被害妄想(もうそう)に駆られて、その相手をスケープゴートにするタイプである。抑圧された無意識的な衝動のはけ口が貧弱で、欲求不満が十分に解消されぬままに蓄積されると、強迫型になりやすい。第二は同調型であって、少数民族や少数者集団への不寛容と差別という社会慣習に追従する場合である。同調型は一般に自己の社会的地位を保持するために、社会的正統性をもつ多数派の行動様式に従うのである。第三は扇動家を典型とする打算型である。権力の獲得・維持の手段として用いられ、自らに向けられた批判や攻撃をそらすとか、権力を掌握するのに打倒しなければならぬ政敵に、民衆の憎悪や反感を誘導的に転嫁するとか、多様で異質な民族でモザイクのように構成された国家や集団を心理的に結合し、その統一的支持を得るためにといった打算的配慮から、戦術的にスケープゴートをねらい撃ちにするのである。宮城音弥(おとや)(1908―2005)はスケープゴート化を悪玉化と訳している。[岡田直之]
『G・W・オルポート著、原谷達夫・野村昭訳『偏見の心理』上下、合本版(1961、1968・培風館) ▽A・ミッチャーリヒ著、竹内豊治訳『攻撃する人間』(1970・法政大学出版局) ▽藤竹暁著『日本人のスケープゴート』(1978・講談社) ▽山口昌男「スケープゴートの詩学へ」(『文化の詩学2』所収・1983・岩波書店) ▽R・ジラール著、織田年和・富永茂樹訳『身代りの山羊』(1985・法政大学出版局) ▽中村雄二郎「スケープ・ゴート」(『術語集――気になることば』所収・岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スケープゴート
〘名〙 (scapegoat 「贖罪(しょくざい)の山羊(やぎ)」の意) 他人の罪などの身代わりとなる人。いけにえ。
※日本沈没(1973)〈小松左京〉五「たやすく贖罪山羊(スケープ・ゴート)にされ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スケープゴート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スケープゴートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation