@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スケーリング則【すけーりんぐそく】

知恵蔵

スケーリング則
MOSトランジスタのサイズを、横、高さ方向をそれぞれ2分の1にし、電圧を2分の1にして使えば、基本的にはトランジスタの動作は保証され、スイッチング動作は高速で低電力になるという法則。1974年、米IBM社のロバート・デナードらが発表。トランジスタの微細化仕方に方向性を示したもので、ムーアの法則を技術的に裏付けている半導体素子の基本的指導原理
(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

スケーリング則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スケーリング則の関連情報

関連キーワード

ダイナミックMOSメモリMOS双極型集積回路電卓電界効果トランジスターMISダイオードディプレッション型MOSトランジスタ集積回路MOSトランジスタ薄膜トランジスター

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation