@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スサ

旺文社世界史事典 三訂版

スサ
Susa
イラン南西部のザグロス山脈西麓にあった古代都市遺跡
エラム地方の中心地で,1897年以来,発掘調査されている。ハンムラビ法典碑も,ここから発見された。先史時代からの文化の重なり,前4000年紀後半の第2層は,進んだ都市文明を示す。そのすぐれた彩色 (さいしき) 土器エラム原文字は,メソポタミア文化の起源を知るうえの貴重な史料アケメネス朝のダレイオス1世がここに首都を建設し,その後ササン朝では産地として栄えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スサの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation