@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スタジオ

デジタル大辞泉

スタジオ(studio)
画家・彫刻家などの仕事場。制作室。
映画の撮影所。
写真館の撮影室。
ラジオ・テレビの放送室。
音楽などの録音室。吹き込み室。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すたじお【スタジオ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スタジオ【studio】
芸術家・工芸家などの仕事場。工房。アトリエ。
写真館。写真の撮影場。
映画の撮影所。
放送局の放送室。
(レコード・テープなどの)録音室。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スタジオ
すたじお
studio
画家・彫刻家・写真家などの仕事場工房アトリエ、音楽・舞踊・演技などの練習場、CD(コンパクト・ディスク)・レコードなどの録音室、映画撮影所、ラジオ・テレビの放送室など多くの意味をもつ。「熱意・研究」を意味するラテン語のstudiumから出たもので、studyと姉妹語。もともと個人の仕事場という意味であったものが、集団的芸術表現のための仕事の場、さらに機械技術を駆使しての作品制作のための仕事の場へと意味が拡大されてきたものとみることができよう。ここでは放送のスタジオについて説明する。
 放送の全体の仕組みは、送り出すものをつくる演奏設備、つくられたものを放送電波にのせて伝播(でんぱ)させるための送信設備、送られてきた電波を受け取り放送信号を取り出して視聴する受信設備の三つの段階で構成されている。このうち受信設備は視聴者が負担するもので、前の二つが放送局が受け持つ部分となる。普通、演奏設備と送信設備は別の場所に設けられる。一般に都市にみられる放送局は主として演奏設備を有するもので、演奏設備の中心的要素がスタジオとなる。放送番組という、音声によって、あるいは音声と映像によって構成される表現物を制作するために、できるだけ高い水準の物理的条件を人工的に整備するために用意されたものがスタジオである。[後藤和彦]

ラジオ・スタジオ

ラジオのスタジオの究極の目的は良質な収音を行うことで、そのため一方で外部の騒音や振動を排除する遮音に多大の注意が払われ、他方で良質な音響の実現のための適切な音響特性の獲得が目ざされている。音楽スタジオ、ドラマ・スタジオ、ディスクジョッキー・スタジオなど、使用目的に適したスタジオがあるが、いずれも隣接する副調整室で素材音のミキシングが行われ、その制作結果が送出運行室(あるいは主調整室)に送られ、そこから送信所ないしは他局へ送出されることになる。スタジオの制作設備にはマイクロホン、音声調整装置、録音・再生機器などがある。[後藤和彦]

テレビ・スタジオ

テレビはラジオの音声系統に加えて映像系をもつものなので、ラジオ・スタジオに比べてはるかに大掛りで複雑な構造をもっている。具体的には、スタジオ内の人・物の動きに応じられるだけの空間と、映像としてカメラに適切にとらえることができるだけの明るさが必要である。テレビのスタジオの制作設備としては、テレビカメラ、複雑な映像の処理をする映像調整卓と音声調整設備から構成される映像調整設備、懸架装置と調光装置、ライトからなる照明設備、それに録画・送像設備などがある。
 一般的な放送局のスタジオのほかに、繁華街のビルなどに小さなスタジオ(サテライト・スタジオ)を設けて、人々の参加を得ながら番組を制作することも行われている。また、報道の重要性が高くなってきたのに対応して、臨機応変にニュース報道ができるように、局内(ワークスペース内)に特別のニュースセンター・スタジオを設けるテレビ局も増えてきている。さらに、コンピュータ・グラフィクス(CG)の技術を利用して、画面上に映像として、実際にはないスタジオセットがあるようにみせる、バーチャル・スタジオ(仮想スタジオ)も使われている。[後藤和彦・米倉 律]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スタジオ
〘名〙 (studio)
① 画家、彫刻家、写真家、デザイナーなどの仕事場。アトリエ。工房。また、美術教育のための教室や演劇の稽古場など。
※河童(1927)〈芥川龍之介〉一五「僕等の友だちの詩人の家も写真師のステュディオに変ってゐました」
② 映画の撮影がその中でできるように設備された部屋。また、その建物。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
※現代小説は古典たり得るか(1957)〈三島由紀夫〉石原慎太郎氏の『亀裂』について「涼子は主役で、明はスタジオへ、その撮影を見にゆく」
③ レコードの録音や放送などの際に、その中で演技したり、演奏したりするようにつくられた部屋。放送室。録音室。
※放送雑感(1925)〈久米正雄〉「済んでスタヂオの外へ出ると」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタジオ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スタジオの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation