@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スタック【すたっく】

デジタル大辞泉

スタック(stack)
コンピューターのプログラミングにおける、データ構造の一。後に入力したデータが先に出力される。→後入先出法2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタック(stuck)
ぬかるみ、などにはまって、自動車が立ち往生すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すたっく【スタック】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スタック【stack】
コンピューターで処理中のデータを一時的に退避させること。また、そのための記憶領域やデータ構造。後に格納したデータを先に取り出す。 → 後入先出法

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スタック
stack
コンピュータの記憶装置の一種で,データの入出力が1ヵ所からしかできず,1つのデータを入れると,それまでに入れられたデータはその順に奥に押込められ,データを取出すと奥に押込められていたものが順に外に近いところに移されるという構造をもっている。したがって最後に入れたデータが最初に取出されることになる。この装置はプッシュダウン・ポップアップ記憶装置,last-in first-outメモリなどともいう。木構造 (→トリー ) の探索や数式の構造解析など多くの場合に必要となるものである。多くはソフトウエア的にこの機能をもたせるが,ハードウエアによってこの機能を実現したものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スタックの関連情報

関連キーワード

後入先出法後入先出法先入先出法・後入先出法原価法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation