@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スタニスラフスキー・システム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スタニスラフスキー・システム
Stanislavsky system
K.スタニスラフスキーによって体系化された演劇創造のための方法論。外面的な誇張した演技を排し,内面的な真実を蔵した人間像の形象化を目標とした。芸術の創造者としての俳優は,演技の過程において,絶えず自分に対していろいろな課題を設定し,それによって創造の喜びと情熱を体験しなければならないとし,そのために必要な訓練や役のつくり方を,人間の心理と身体の両面から具体的に分析,追究している。日本でもこれに関する数多くの翻訳書が出版されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

スタニスラフスキー・システム
モスクワ芸術座の創立者の1人で、演出家・俳優のコンスタンチン・スタニスラフスキーが実践に基づいて作り出した体系的な俳優術。紋切り型の演技を否定し、「一貫した行動」「超課題」「身体的行動」などの理論を通して、俳優が役を真に生きるための精密な方法を探求した。彼の理論は世界の演劇界に強い影響を及ぼし、米国では、アクターズ・スタジオを創設したリー・ストラスバーグらによってザ・メソードと呼ばれる演技システムが生まれた。
(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

世界大百科事典 第2版

すたにすらふすきーしすてむ【スタニスラフスキー・システム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スタニスラフスキー・システム
すたにすらふすきーしすてむ
система Станиславского sistema Stanislavskogo ロシア語
ロシアの俳優、演出家スタニスラフスキーが、自分の体験をもとに、多くの実験と試行錯誤を重ねて創造した科学的な近代俳優術。モスクワ芸術座の活動、プーシキン、ゴーゴリ、オストロフスキー、シチェープキンらのロシア演劇のリアリズムの伝統、諸外国の名優たちや演劇芸術からの経験、唯物論的な美学や心理学、セーチェノフ、パブロフらの生理学が土台にある。紋切り型や芝居がかりを否定し、真に役を生きる「心理体験の芸術」を主張し、俳優の内的・外的資質を有機的に発展させながら、潜在する創造過程を意識的にとらえる指針を示す。演劇の社会的意義と戯曲の理念を重視し、上演の「超・超課題」と戯曲の「超課題」、役の「一貫した行動」を明確にすることを求め、これらを具体化する方法として「身体的行動」の理論がある。集団芸術としてのアンサンブルをたいせつにして、「俳優の倫理」が説かれる。スターリン時代には教条的に狭く解釈されたが、けっして万能の「料理ブック」ではなくて、俳優に創造的な厳しい自己訓練を要求している。これらを総合した著書『俳優の仕事』全3巻(第1巻・第2巻1938、第3巻1957)の第2巻以降は弟子たちによってまとめられたが、このシステムは日本の新劇界をはじめ、全世界の俳優教育に計り知れない影響を与えている。[中本信幸]
『山田肇訳『俳優修業』全6冊(1956・未来社) ▽千田是也訳『俳優の仕事』(1968・理論社) ▽アバルキン著、馬上義太郎訳『スタニスラフスキー教科書』全3冊(1955・未来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタニスラフスキー・システム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スタニスラフスキー・システムの関連情報

他サービスで検索

「スタニスラフスキー・システム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation