@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スタニスラフスキー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スタニスラフスキー
Stanislavskii, Konstantin Sergeevich
[生]1863.1.17. モスクワ
[没]1938.8.7. モスクワ
ソ連の演出家,俳優。本名アレクセーエフ K. S. Alekseev。モスクワ芸術座の創設者として,また芸術座の創造方法であるスタニスラフスキー・システムの創始者として,演劇史上に大きな功績を残した。芸術座は 1898年にスタニスラフスキーとネミロビッチ=ダンチェンコの指導のもとに誕生し,A.チェーホフの『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』,M.ゴーリキーの『小市民』『どん底』,イプセンの『ヘッダ・ガーブラー』『野鴨』,シェークスピアの『ベニスの商人』『十二夜』その他多くの近代劇,内外の古典劇を上演し,ロシア演劇のみならず,世界の演劇に新風をもたらした。芸術座における長年の演出経験の集大成が,俳優術の新しい法則としてのスタニスラフスキー・システムであり,それは著書『俳優修業』 Rabota aktëra nad soboi,自伝『芸術におけるわが生涯』 Moya zhizn' v iskusstve (1926) などに詳しく述べられている。 1954年から 61年にかけて,覚え書,日記,書簡を含む8巻から成る全集が出版された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スタニスラフスキー(Konstantin Sergeevich Stanislavskiy)
[1863~1938]ソ連演出家・俳優。モスクワ芸術座を創立、リアリズム演劇旗手として活動。その理論スタニスラフスキーシステムは世界の俳優教育に多大の影響を与えた。著「芸術におけるわが生涯」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スタニスラフスキー【Konstantin Sergeevich Stanislavskii】
1863‐1938
ロシア・ソビエトの俳優,演出家。モスクワの有名な実業家アレクセーエフ家の次男。14歳のとき家庭劇団を組織し,やがて芸名スタニスラフスキーを名のった。本格的俳優修業を志して著名な演出家や歌手を教師に招き,1888年芸文協会Obshchestvo iskusstva i literaturyを設立。その演劇活動はしだいに世評の的となり,とくに彼自身はすぐれた才能と容姿によって職業劇団から客演の誘いをうけ,またこの劇団に加入を望む者があいついだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スタニスラフスキー【Konstantin Stanislavskii】
1863~1938 ソ連の演出家・俳優。ダンチェンコとともにモスクワ芸術座を創設、いわゆるスタニスラフスキーシステムなどの新しい心理的写実主義による演劇理論を展開し、ソ連演劇に革新をもたらした。著「芸術におけるわが生涯」「俳優修業」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スタニスラフスキー
すたにすらふすきー
Константин Сергеевич Станиславский Konstantin Sergeevich Stanislavskiy
(1863―1938)
ロシア・ソ連の俳優、演出家、演劇理論家。本名はアレクセーエフАлексеев/Alekseev。芝居好きなモスクワの工場主の家に生まれ、3歳ですでに家庭芝居に出演、幼時から芸術、とくに演劇に関心を抱きながら育った。1877年に兄弟姉妹を中心にアマチュア家庭劇団を結成し、その舞台に立つとともに、演出家として実験を重ねた。この時期にオペレッタ『ミカド』の演出・出演のため、日本人軽業(かるわざ)師一行を家庭に招き、起居をともにしながら彼らの日常生活を細かく観察したが、ここにはリアリズム演劇の創造方法の萌芽(ほうが)がみられる。モスクワに芸術文学協会(1888~98)を設立、トルストイの『文明の果実』の初演や、ドストエフスキーの中編『スチェパンチコボ村とその住人』の脚色上演で演出家として認められた。当時流行していた紋切り型の芝居に反対して、真に革新的な民衆演劇を生み出すため、98年に劇作家で演出家のネミロビチ・ダンチェンコと共同でモスクワ芸術座を創立し、『かもめ』(1898)をはじめとする一連のチェーホフの作品や、ゴーリキーの『小市民』(1901)、『どん底』(1902)などを初演して輝かしい成功を収め、リアリスティックな手法で舞台を詩的象徴にまで高める独自の演出スタイルを確立し、社会的テーマも打ち出した。関心の振幅はきわめて大きく、一時、象徴主義に共鳴したり、クレイグに傾倒したりした。ロシア革命(1917)の直後には古臭いブルジョア演劇と非難されたが、1930年代に社会主義リアリズムとして再評価された。多数の優れた後進を育て、オペラにも関心を示し、死ぬまで革新的なものを追求する姿勢を保ち続けた。彼が樹立したスタニスラフスキー・システムは、世界の演劇に、とりわけ俳優教育に決定的な影響を与えている。主著に『俳優の仕事』全3巻(1938~48)、自伝『芸術におけるわが生涯』(1926)がある。[中本信幸]
『蔵原惟人・江川卓訳『芸術におけるわが生涯』全2冊(1983・岩波書店) ▽山田肇著『スタニスラフスキー』(1951・弘文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スタニスラフスキー
(Konstantin Sjergjejevič Stanislavskij コンスタンチン=セルゲービチ━) ロシア・ソ連の演出家、俳優。一八九八年モスクワ芸術座を創設。いわゆるスタニスラフスキー‐システムを樹立し、ロシア近代演劇に大きな役割を演じた。著に「俳優修業」「芸術におけるわが生涯」。(一八六三‐一九三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタニスラフスキー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スタニスラフスキーの関連情報

関連キーワード

グリュクスボー朝グリュックスボー朝マネ中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグルナンウィグモアエルギン小松小太郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation