@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スタバンゲル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スタバンゲル
Stavanger
ノルウェー南西部,ローガラン県の県都。北海にのぞむ港湾都市。8世紀に集落がつくられ,12世紀に大聖堂が建設されてカトリック司教座がおかれた。 1425年に商業都市として都市権を獲得。イギリスやヨーロッパ大陸との多角的交易進展とともに次第に発展。現在は漁業,魚肉加工の一大中心地。造船,金属,織物などの工業のほか,1971年から採掘が始った北海油田石油精製も盛ん。市の南部には肥沃なイェーレン農業地帯が広がる。オスロからの鉄道の終点。人口9万 9764 (1992推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スタバンゲル(Stavanger)
ノルウェー南部の港湾都市。北海油田の開発に伴い、1960年代より急速に発展。12世紀に建造されたノルマン風のスタバンゲル大聖堂があるほか、旧市街には18~19世紀頃の木造家屋が並ぶ古い町並みが残されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スタバンゲル【Stavanger】
ノルウェー南西部,ローガラン州北西部にある同州の州都。州の産業,文化の中心。人口10万4000(1996,全国第4位)。交易地として興り,1125年に司教座が置かれてから発展。司教座がクリスティアンサンに移された(1682)後,衰退したが,19世紀に盛んになった海運業とニシン取引によって再興。近年港湾も近代化された。市の就労人口の約半数を雇用する工業に,古くからあった缶詰工業のほかゴム製造業,造船業織物工業,そして最近は北海原油の精製貯蔵等がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スタバンゲル
すたばんげる
Stavanger

ノルウェー南部の都市。同国の西海岸に広がるフィヨルドのうち、最南端に位置するボクナフィヨルドの湾口、南岸にある。人口11万0062(2002)。町の中央部には、12世紀に建ったノルマン風の教会をはじめ、露天市場や狭い石畳の道など、古い町並みを残している。これを取り巻き、漁業・貿易関係の港湾施設、工業地帯、そして住宅地域が形成されている。工業は魚類の缶詰工業や造船業が盛んである。北海の海底に天然ガス田と油田が発見されるに及び、造船などの優れた技術とフィヨルドの深い水深を生かして、石油掘削・貯蔵用プラットホームの建造工業へ発展した。西側の町ソラには北海油田への資材補給基地や空港、精油所があって、多くの石油関係者が集まる。このためスタバンゲルを核とした北イェーレン地区の人口は急増した。

[竹内清文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタバンゲル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スタバンゲルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation