@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スタンナン

化学辞典 第2版

スタンナン
スタンナン
stannane

SnnH2n+2で示される一連のスズの水素化物.n ≧ 2のものは不安定で,普通はn = 1のSnH4をさす.Hを炭化水素基,ハロゲンなどで置換したものの総称として使われることもある.IUPAC命名法(2005年)では,置換命名法で使われるSnの母体水素化物名,および数詞を付けて複核以上の水素化物名をつくるときの語幹(たとえば,テトラメチルスタンナン(CH3)4Sn,ジスタンナンなど).【】SnH4(122.74).低温でエーテル中でLiAlH4にSnCl4を作用させるか,SnCl2水溶液にKBH4,ついでHClを作用させると得られる.無色,毒性のある気体.Sn中心の正四面体型構造で,Sn-H1.71 Å.融点-150 ℃,沸点-52 ℃.水に不溶.希アルカリ,希酸にも安定であるが,2.5 mol dm-3 以上のNaOH水溶液や濃い酸とは反応する.室温でも徐々に分解するが,150 ℃ 以上では分解が速く進み,Snが単離してスズ鏡をつくる.強い還元剤で,有機化合物を還元する.たとえば,

C6H5CHO → C6H5CH2OH

C6H5NO2 → C6H5NH2

触媒の存在下でオレフィンと作用してアルキルスタンナンとなる.ジスタンナンSn2H6(243.47)は不安定で,室温でも分解する.[CAS 2406-52-2:SnH4][CAS 32745-15-6:Sn2H6]【】アルキル,およびアリール誘導体の総称.多くのものが得られているが,一般にもとの水素化物より安定である.テトラメチルスタンナン(CH3)4Sn(178.85)は,ジブチルエーテル中でSnCl4とCH3MgIの反応(グリニャール反応)で得られる.無色の液体.沸点76.8 ℃.密度1.29 g cm-3.水に不溶,有機溶媒に可溶.Br2 と作用して(CH3)3BrSnになる.テトラフェニルスタンナン(C6H5)4Sn(427.13)は,同様にSnCl4とフェニルグリニャール試薬の反応で得られる.無色の結晶.融点229 ℃.ハロゲンと反応して(C6H5)4SnX2を,計算量のSnCl4と反応して(C6H5)3ClSnを生じる.[CAS 594-27-4:(CH3)4Sn][CAS 1066-44-0:(CH3)3BrSn][CAS 595-90-4:(C6H5)4Sn][CAS 639-58-7:(C6H5)3ClSn]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタンナン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スタンナンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation