@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スタール夫人【スタールふじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スタール夫人
スタールふじん
Staël, Madame de
[生]1766.4.22. パリ
[没]1817.7.14. パリ
フランスの女流文学者。本名 Anne Louise Germaine Necker,baronne de Staël-Holstein。ルイ 16世の財務長官ネッケルの一人娘で,早くからその才気によってサロンで注目を浴びた。革命とその後のナポレオンの迫害によって国外に逃れ,スイス,ドイツなどで亡命生活を続け,ナポレオン失脚後に帰国 (1815) 。その間ヨーロッパの一流の知識人と交わり,高い声価を得た。彼女は,文学の第一条件は自由であるとし,特に評論『ドイツ論』 De l'Allemagne (10) においてはロマン主義的なゲルマン文化を紹介して,フランス・ロマン主義の発展に大きく寄与した。ほかに,評論『社会制度との関係において考察した文学について』 De la littérature considérée dans ses rapports avec les institutions sociales (1800) ,小説『デルフィーヌ』 Delphine (02) ,『コリンヌ』 Corinne (07) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スタールふじん【スタール夫人 Madame de Staël】
1766‐1817
フランスの女流文学者。本名Germaine Necker,baronne de Staël‐Holstein。スイスの出身でルイ16世の財務総監を務めたネッケルの娘としてパリで生まれた。幼少の頃から母のサロンに出席して進歩的なアンシクロペディストの影響を大きく受けた。20歳のときパリ駐在スウェーデン大使スタール・ホルスタイン男爵と結婚し,フランス革命当時は革命の穏和な進行を支持する態度を示した。1800年には,文学を社会的な観点から考察し,またヨーロッパの南方文学と北方文学を対比させた《文学論》を,02年には小説《デルフィーヌ》を出版した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スタールふじん【スタール夫人】
1766~1817 フランスの女流作家・批評家。ネッケルの娘。熱烈な自由思想家で、フランスロマン派の先駆。小説「デルフィーヌ」「コリンヌ」、論文「文学論」「ドイツ論」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スタール夫人
すたーるふじん
Germaine Necker Stal
(1766―1817)
フランスの女流評論家、小説家。ルイ16世のもとで財務長官を務めたネッケルJacques Neckerの娘で、駐仏スウェーデン大使スタール男爵と結婚。少女時代、母のサロンに集まる啓蒙(けいもう)思想家の言説に影響されて自由主義・民主主義の思想を抱き、フランス革命時代には立憲君主主義を奉じ、たびたび国外に避難を余儀なくされた。バンジャマン・コンスタンと親しく、自由思想を弾圧したナポレオンと不和になって1803年国外に追放され、ドイツ、イタリアに行き、長くスイスのコペーに滞在、ここで作品を書いた。小説に『デルフィーヌ』Delphine(1802)、『コリーヌ』Corinne ou L'Italie(1807)があり、論文に『社会制度との関係からみた文学』De la littrature considre dans ses rapports avec les institutions sociales(1800。単に『文学論』ともいう)、『ドイツ論』De l'Allemagne(1810)がある。
 彼女は芸術的感性よりも博大な批判的知性に恵まれ、その文学論は、社会環境と文学との関係に着目して、19世紀のテーヌなどの実証的批評の先駆となった。また、『ドイツ論』は北方文学としてのドイツ文学を発見し、ロマン主義の原理の宣揚、超国家的なヨーロッパ文学の提唱を含んでいる。[平岡 昇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

スタール夫人
生年月日:1766年4月22日
フランスの女流評論家,小説家
1817年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタール夫人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スタール夫人の関連情報

関連キーワード

性犯罪浮世草子訴訟費用ドールトン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ジングシュピール中興俳諧ナンシー(フランス)ブラック(Joseph Black)円山応挙

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation