@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スチレン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スチレン
styrene
化学式 C6H5-CH=CH2スチロールともいう。特臭ある無色液体沸点 145.2℃,引火点 31℃。石油留分の熱分解生成物に少量存在するが,工業的には主としてエチルベンゼンの金属酸化物触媒による脱水素によって大量生産されている。ビニル基をもっているので,熱,過酸化物などの触媒によって容易に重合し,高分子化合物となる。ポリスチレンスチレンブタジエンゴム,不飽和ポリエステル樹脂などの原料となるばかりでなく,塗料,イオン交換樹脂の製造にも使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スチレン(styrene)
芳香性のある無色の液体。エチルベンゼンの脱水素によって作る。熱・触媒の存在で容易に重合してポリスチレンとなる。合成樹脂合成ゴムの製造原料。化学式C6H5-CH=CH2 スチロール。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スチレン【styrene】
芳香族炭化水素の一つ。スタイレンとも呼ばれ,またスチロールstyrol,ビニルベンゼン,フェニルエチレンなどともいう。天然樹脂である蘇合香(そごうこう)styraxから発見されたのが名称の由来である。特異な芳香のある無色,引火性の液体で,空気中で燃えるとき芳香族化合物特有の黒いすす(煤)を出す。融点-30.69℃,沸点145.2℃,比重d425=0.9019。爆発範囲1.1~6.1%(空気中の容量%)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スチレン【styrene】
無色で芳香のある引火性液体。化学式 C6H5・CH=CH2 工業的にはエチルベンゼンの脱水素反応により大量に合成され、ポリスチレンや合成ゴムの原料となる。スチロール。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スチレン
すちれん
styrene
不飽和炭化水素の側鎖をもつ芳香族化合物の一つ。スチロール、ビニルベンゼンともいう。
 無色、特異なにおいをもつ液体。工業的製造法としては、塩化アルミニウム触媒の存在下、ベンゼンとエチレンからエチルベンゼンをつくり、ついで酸化鉄()‐三酸化クロム系の金属酸化物触媒の存在下、高温で脱水素する。スチレンは反応性に富み、明るいところに放置すると重合し、空気の存在下では過酸化物を与えるので、カテコールなどの重合禁止剤や酸化防止剤を加えて貯蔵する。有機過酸によりスチレンエポキシドを与え、過マンガン酸カリウムで酸化すると安息香酸を生ずる。スチレンは高分子工業の重要な原料である。スチレンを原料とする樹脂としては、ポリスチレン、AS樹脂、ABS樹脂、スチレン・メチルメタアクリラート樹脂、ハイスチレンがあり、塗料、乾性油、イオン交換樹脂として用いられる。[向井利夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スチレン
〘名〙 (styrene) 芳香族炭化水素の一つ。分子式 C8H8 刺激臭のある無色の液体。石炭および石油留分の熱分解生成物中に少量存在する。引火性が強い。光・熱・重合開始剤などで重合してポリスチレンとなる。スチレンブタジエンゴム・ポリスチレンの製造原料として重要であるほか、塗料、乾性油、ポリエステル樹脂、イオン交換樹脂などの製造に用いられる。スチロール。フェニルエチレン。ビニルベンゼン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

スチレン
スチレン
styrene

C8H8(104.15).スチロール,フェニルエテンともいう.不飽和炭化水素の側鎖をもつ芳香族の一つ.石炭および石油系炭化水素の熱分解生成物中に少量存在する.工業的製法は,おもにエチルベンゼンを原料とする方法である.現在,操業されている製造法には,高温(590 ℃ 以上),スチーム存在下で鉄-クロム-カリウム系触媒を用いたエチルベンゼンの直接脱水素法と,エチルベンゼンを一度酸化して過酸化物をつくり,炭化水素(プロペンなど)で還元してアルコールとし,さらにこれを脱水する方法とがある.後者の場合には還元の際に有用な酸化物(酸化プロピレンなど)を併産することができる.ほかにエテン製造の際に副生する炭化水素油から分離する方法もある.引火性,特臭を有する無色の液体.融点-30.63 ℃,沸点145.14 ℃.0.90122.1.54395.爆発範囲1.1~6.1体積%.各種有機溶剤に可溶,水に不溶.反応性がきわめて高いため,貯蔵には重合防止剤の添加を必要とする.重要な石油化学工業の中間体で,数多くの誘導製品がある.おもなものは,スチレン-ブタジエンゴム(SBR),ポリスチレン,ABS樹脂などである.[CAS 100-42-5]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチレン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スチレンの関連情報

関連キーワード

トリフェニルメチルケトントリフェニルメチルウィルキンソン錯体アリル基ジエン炭化水素基スタンナンバスカ錯体ヨードニウム化合物

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation