@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ステアリン酸【ステアリンさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ステアリン酸
ステアリンさん
stearic acid
オクタデカン酸ともいう。化学式 C17H35COOH 。天然油脂 (特に牛脂) 中にグリセリンと結合して存在する代表的な直鎖式飽和脂肪酸。白色葉状晶。凝固点 69.4℃,融点 72℃。天然油脂をメチルエステルに変えて分留し,ステアリン酸メチルを集め,鹸化してつくられる。石鹸,界面活性剤,ろうそく,ゴムの加硫促進剤などの原料となる。工業的にステアリン酸というときは,ステアリン酸とパルミチン酸を主体とする固状の脂肪酸混合物をさす。軟膏や香粧品の製造原料である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ステアリン‐さん【ステアリン酸】
飽和脂肪酸の一。無味・無臭の白色の結晶。水には溶けず、有機溶媒に溶ける。グリセリドステアリンとして油脂の主成分。せっけん・ろうそくなどの原料。化学式C17H35COOH

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ステアリン酸
 C18H36O2 (mw284.48).CH3(CH2)16COOH.

 炭素数18の飽和脂肪酸.自然界の脂肪の中に広く存在する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ステアリンさん【ステアリン酸 stearic acid】
化学式CH3(CH2)16COOH。炭素数が18の直鎖飽和高級脂肪酸。白色葉状晶,融点70.5℃,沸点283℃(17mmHg)。結晶は多形がある。水,ベンゼン,二硫化炭素に難溶,エチルアルコール,エーテルなどには可溶。動植物油脂のグリセリン脂肪酸エステルを構成する脂肪酸の一つとして,また蠟の高級アルコール脂肪酸エステルを構成する脂肪酸の一つとして広く天然生物界に存在する。牛脂など常温固体の脂肪中に多く,常温液体の脂肪油中には少ない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ステアリンさん【ステアリン酸】
直鎖ちよくさの高級飽和脂肪酸の一。炭素数一八。化学式 C17H35COOH ステアリンの形で油脂の成分として天然に広く分布する。白色・無味・無臭の葉片状結晶で水に不溶。ナトリウム塩・カリウム塩は水によく溶け、石鹼せつけんの成分として利用される。また、蠟燭ろうそくの製造に用いる。オクタデカン酸。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ステアリン酸
すてありんさん
生体内にみいだされる高級飽和脂肪酸の一種で、C17H35COOHの化学式をもつ。分子量284.5、融点69.6℃。常温で白色の葉状結晶。他の高級脂肪酸と同様に、水に不溶、有機溶媒に可溶。グリセリドを構成するさまざまの脂肪酸のなかの主要成分であり、とくにウシやヒツジの脂肪(固体)に含量が高く、植物油(液体)にはほとんどみいだされない。せっけんは油脂をカ性ソーダでけん化してつくるので、その主成分はステアリン酸のナトリウム塩である。また、オレイン酸の水素添加反応によってステアリン酸が得られる。ステアリン酸とパルミチン酸との混合物は、ろうそく、軟膏(なんこう)、化粧用クリームなどの原料として広く用いられる。[若木高善]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ステアリン‐さん【ステアリン酸】
〘名〙 直鎖飽和高級脂肪酸の一つ。化学式 CH3(CH2)16CO2H 白色単斜晶系の葉状結晶。牛脂・動植物油脂中に広く存在し、石鹸・金属石鹸・表面活性剤・ろうそく・研磨剤・絶縁剤などの製造原料、ゴムの加硫促進剤助剤、軟化剤などに広く用いる。硬脂酸。〔舶来語便覧(1912)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ステアリン酸
ステアリンサン
stearic acid

octadecanoic acid.C18H36O2(284.48).CH3(CH2)16COOH.代表的飽和脂肪酸で,グリセリドとして天然油脂中,とくに牛脂に多く含まれ,そのほか多くの動物,植物油中に存在する.無色の葉状結晶.融点69~70 ℃,沸点383 ℃(分解),232 ℃(2 kPa).0.9408.1.4299.エタノールに可溶,ベンゼン,二硫化炭素に難溶.せっけん,界面活性剤など多方面に利用される.[CAS 57-11-4]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ステアリン酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ステアリン酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation