@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スティーブン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スティーブン
Stephen
[生]1097頃
[没]1154.10.25. ドーバー
イギリス,ノルマン朝最後のイングランド王 (在位 1135~54) 。ウィリアム1世の娘アデラとフランスのブロア伯エティエンヌの間の第3子。伯父ヘンリー1世が世継ぎの男子なくしてすると,ただちにイギリスに渡り,一部の貴族とロンドン市民の支持を獲得,次いで教皇インノケンチウス2世から即位の認証と聖跋の承認を得て即位。 1139年ヘンリー1世の娘マティルダ王位を要求してイングランドに侵入したため,国内の貴族は2派に分れて争う内乱状態に入った。 41年スティーブンは敗れて捕えられたが釈放後勢力を回復,内乱は 53年まで続いた。この間有力な貴族は地方官職を私物化し,王権はまったく弱体化した。同年ようやく和約が成立しスティーブンの王位が認められた。しかし彼は翌年没し,和約の条件により彼の跡はマティルダの子でアンジュー伯であったアンリが継ぎ,ヘンリー2世として即位,プランタジネット朝を開いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スティーブン
Stephen, Sir Leslie
[生]1832.11.28. ロンドン
[没]1904.2.22. ロンドン
イギリスの批評家。ケンブリッジ大学卒業。 1871年『コーンヒル・マガジン』の主筆となり文芸批評家として活躍。批評論集『書斎での時間』 Hours in a Library (1874~79) ,名著『18世紀イギリス思想史』 History of English Thought in the Eighteenth Century (76) など多数の著書があるほか,『イギリス伝記辞典』 Dictionary of National Biography (26巻) の編者としても有名。次女は小説家 V.ウルフ

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スティーブン【Leslie Stephen】
1832‐1904
イギリスの著述家。ケンブリッジ大学卒業後聖職についたが,宗教に疑いを抱き文学に転ずる。文芸雑誌《コーンヒル・マガジン》の主筆(1871‐82),《イギリス文人評伝叢書》の主幹や《イギリス国民伝記辞典》の初代編集長(1882‐91)などを歴任,イギリス文壇の大御所的存在となり,多くの著作がある。彼の死後,その遺児(バネッサとバージニア・ウルフ)を中心にいわゆるブルームズベリー・グループが形成された。【小池

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

スティーブン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スティーブンの関連情報

関連キーワード

承徳源経信日本年号一覧スティーブン[ブロアの]藤原家成プランタジネット朝久寿タンクレディ[シチリア王]ノルマン朝プランタジネット朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation