@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ステシコロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ステシコロス
Stēsichoros
[生]前640頃.マタウロス
[没]前555頃.シチリア島,カタナ
ギリシアの抒情詩人。シチリア島のヒメラで活躍。本名は Teisiāsで,ステシコロスは合唱隊指導者の意味の号であるといわれる。伝説によると,彼はその作品『ヘレネ』 Helenēによってヘレネを誹謗したために盲目になり,取消しの歌において,パリストロイにかどわかして連れていったのは本物のヘレネではなく彼女の幻だったと歌って,視力を回復したという。多種多様の抒情詩を作ったが,特に合唱隊のための物語風の英雄賛歌の作者として名高く,叙事詩の壮大さを抒情詩に取入れて,のちの悲劇の発達に貢献した。作品は断片 50行ほどしか残っていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ステシコロス【Stēsichoros】
古代ギリシアの抒情詩人。前600年前後シチリア島のヒメラを中心に活躍したが,生没年などその生涯の詳細は不明。プラトンの伝えるところによれば,ステシコロスはトロイア戦争の原因とされる美女ヘレネを難したために神々の怒りに触れて失明,後にの非を認めた詩《パリノディア》を作り,トロイアの王子パリスに誘拐されたのは彼女の替玉であったという伝説解釈を公にしたところ,失われた視力が回復した,といわれている。 ステシコロスは神話・伝説を合唱詩形の歌物語として多数作った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ステシコロス【Stēsikhoros】
前630頃~前555頃 古代ギリシャの抒情詩人。カリュドンの猪狩り・ヘラクレスの武勇などの神話・伝説を題材とした合唱詩形の作品を多く作ったが、散逸し断片のみ現存。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ステシコロス
すてしころす
Stsichoros
生没年未詳。古代ギリシアの叙情詩人。紀元前7世紀後半から前6世紀後半の人。シチリア島の出身。本名はテイシアスであったといい、合唱叙情詩をジャンルとして確立した功績によって、ステシコロス(「合唱隊の設置者」の意)とよばれたという。作品はわずかな断片しか伝わらない。神話伝説に基づくスケールの大きい物語性が特色で、ロマンチックな恋物語もあり、神話や伝説が自由に改変されているという。トロイのヘレネを作中で非難して神罰のため盲目となり、「取り消しの歌」をつくって視力をふたたび与えられたという伝説は、このことをよく示している。[伊藤照夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ステシコロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ステシコロスの関連情報

関連キーワード

セウェリヌスヨハネス4世VGA可視光線表意コードVGA膠原繊維杜順大化改新可視光線

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation