@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ステレオ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ステレオ
stereo
英語で「立体」のを表す複合辞。たとえば stereographというと立体写真のことである。日本で現在一般に「ステレオ」と称されているものは stereophony,すなわち立体音響のことで,2個以上のスピーカを用いて,それぞれ異なった音を出し立体的な音響効果をねらった装置をいう。普通は 2種の音を,左右に離して設けられたスピーカから出すもので,近年の音楽のレコードテープ,デジタルデータは,ほとんど 2種の音が記録されたステレオ用のものになっている。4種の音を出す装置(4チャンネルという)やそれ以上(マルチチャンネル)のものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ステレオ(stereo)
テレビ・ラジオ・オーディオなどで、立体感が得られるように音響を再生する方式。また、その装置。2個以上のマイクロフォンを使って録音し、複数のスピーカーで再生して音の空間での分布を再現する。
多く複合語の形で用い、立体の、固い、などの意を表す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

ステレオ
左右のスピーカーから、二チャンネルの音を出す仕組み。モノラルとは異なり、収録現場の臨場感が再生できる。LPからCDへとメディアは変わったが、ステレオ方式主流であることには違いはない。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

すてれお【ステレオ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ステレオ
(stereos stereo)
[1] 〘語素〙 立体的な、の意を表わす。
※映画時代(1930)〈寺田寅彦〉「次に来るものは立体映画であらうか。此れも単に双眼的(ステレオ)効果によるものでなく」
[2]
① テレビ、ラジオ、オーディオなどで、複数のマイクロフォンを使って録音し、複数のスピーカーによって立体感・臨場感が得られるように再生する方式。立体音響。⇔モノラル。「ステレオ録音」
② 音楽、ラジオ放送などを①の方式で再生する音響機器。多く、アンプ、プレーヤー、ラジオチューナー、スピーカーなどを組み合わせたものをいう。
※虹が消える(1959)〈多岐川恭〉ひとり狼「プリムラはまだ昼間の営業時間で、ステレオが古典音楽を流していた」
※忘却の河(1963)〈福永武彦〉六「冷蔵庫や、ステレオ兼用のテレビや、それに向い合った長椅子や」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ステレオ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ステレオの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation