@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ストア学派【ストアガクハ】

デジタル大辞泉

ストア‐がくは【ストア学派】
ゼノンがストア‐ポイキレ(彩色柱廊)で講義したことに由来》キプロスゼノンが前3世紀初頭に創始したギリシャ哲学一派。哲学は論理学・自然学・倫理学の3部門からなるが、これらは相互に分かちがたく結びついて愛知を構成する3要素となり、人間生活における一切のことに正しく対処するための実践的知識を求めることであった。ストイックといわれる禁欲主義的心情をもち、世界市民主義を唱えた。ゼノンのほかに古ストア学派のクリュシッポス、中期ストア学派のパナイティオスポセイドニオス、後期ストア学派のセネカエピクテトスマルクス=アウレリウスなどがいる。ストア派

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ストアがくは【ストア学派】
ギリシア・ローマ哲学史上,前3世紀から後2世紀にかけて強大な影響力をふるった一学派。その創始者はキプロスのゼノンである。彼はアカデメイアに学び,後にアゴラ(広場)に面した彩色柱廊(ストア・ポイキレStoa Poikilē)を本拠に学園を開いたのでこの名がある。 ストア学派の思想によれば,あらゆる認識の基礎をなすのは感覚である。世界は感覚的認識の総体であり,それゆえ物質的存在である。しかしその中には物質に還元できない英知が宿っており,それが物質世界に一定の秩序を与えている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ストア学派
すとあがくは
Stoic school 英語
stoische Schule ドイツ語
école stoïque フランス語

古代ギリシアの哲学流派の一つ。紀元前3世紀からローマ帝政末に至る後期古代を代表する。

 キプロス島生まれの開祖ゼノン、その弟子で、赤貧と労働で名高かった小アジアのアッソスの人クレアンテス、その弟子で、ストア派の学説を体系的に完成したキリキアの港市ソロイの人クリシッポス、ストア説をローマ人に受け入れやすい形にしたロードス島のニカゴラスの人パナイティオス、宗教的傾向の強いオロンテス川河畔のアパメアの人ポセイドニオス、ローマ皇帝ネロの師であったセネカ、奴隷であったエピクテトス、ローマ皇帝マルクス・アウレリウスが、この派のおもな人々である。

 開祖ゼノンがアテネの広場にあった公共の会堂「彩色柱廊」(ストア・ポイキレ)で教えたため、その弟子たちは「ストア派」(柱廊の人々)とよばれた。ストア派の哲学は、これを代表する人々がそうであるように、古典期ギリシアを代表する国々の生まれのよい人々の哲学ではなく、辺境の人や異国人の哲学であり、ギリシアの文物が狭い都市国家の枠を越えて、広く地中海沿岸の諸地方に及んだヘレニズムの時代を代表する哲学であった。それゆえ、伝統的な哲学諸派とストア派との間の対立は激しかった。古典期までの哲学諸説を受容し、一般化、通俗化するところから、折衷主義という非難をしばしば受けるが、その基盤には、古典哲学とはかなり異質のものがあったと考えられる。ただ、ローマ時代の人々の著作を除いて、ストア派の著作は今日にはほとんど残らないために、研究上の困難がある。

 愛知(フィロソフィアー=哲学)は論理部門と倫理部門と自然部門に分けられるが、これらは独立する3分科ではなく、相互に分かちがたく結び付いていて、一つの知慧(ちえ)を愛し求めることである愛知を構成する三要素となる。知恵は、「神事と人事の知識」と定義されるが、これは事物に関する観照的知識ではなく、人間生活におけるいっさいのことを正しく処するための実践的知識である。

 知慧のこの実践的性格にストア派の特徴があり、この原理に基づいて、ストア哲学は古代哲学原理の主体的な反省の哲学となった。愛知は、このような知慧を習得するための「生きる術」ars vivendiの習練であり、この術を所有する者が賢者なのである。そして、賢者の知慧とは「自然に従って生きること」を知る知慧である。人間は自然によって存在せしめられるものとして、自己の存在を保持するための「自然の衝動」(ホルメー)を与えられている。しかし、これが過度に走るとき、病としての情念(パトス)がある。この情念に動かされず、自然のままに生きるところに「闊達(かったつ)な生の流れ」(エウロイア・ビウー)がある。ストアの賢者の理想はそこにある。ストイックといわれる非情の禁欲主義的心情はその結果である。

 しかし、賢者の有徳の生とは、理性を備えた有限な個々の自然物(人間)が、自然によって分け与えられたままの自分の「定め」(ヘーマルメネー)を知り、定めのままに生きることによって、本源なる自然と一致して生きる「同意」(ホモロギアー)の生である。したがって、それは自然そのものが理性的存在者を通じて行う自己還帰の働きでもある。それゆえ、賢者は、いっさいの自然物の根源である自然そのものとしての神と一致したものであり、神のようなもの、まさに神そのものなのである。

 ストア哲学の特徴は、このような自然存在における個別性と全体性の両契機の強調と両者の緊張関係にあり、これによって、ストア哲学は古代哲学の原理の集成であるとともに、次代の哲学原理を準備するものとなった。言語研究、論理学、認識論においても、具体性と個別性を重んずるストア哲学は、伝統哲学になかった新たな要素を多くもたらしたのである。

[加藤信朗]

『ジャン・ブラン著、有田潤訳『ストア哲学』(白水社・文庫クセジュ)』『加藤信朗著『ヘレニズムの哲学』(服部英次郎・藤沢令夫編『岩波講座 哲学16 哲学の歴史1』所収・1968・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ストア‐がくは【ストア学派】
〘名〙 (「ストア」はゼノンの講堂stoa poikile (壁面に絵のある列柱廊)から) 前四世紀末、キプロスのゼノンによって創始され、後二世紀頃まで盛んに行なわれたギリシア哲学の一派。神的物質は宇宙の万物に遍在し、世界は必然的な摂理に支配されているとして、禁欲と克己による賢者の自足的生活、アパテイアを理想とした。代表的人物には、ゼノン、セネカ、エピクテトス、マルクス=アウレリウスらがいる。ストア哲学。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストア学派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ストア学派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation