@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ストラテゴス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ストラテゴス
stratēgos
ギリシア語で「将軍」の意。前5世紀のアテネでは軍事,政治両面に重要な役職であった。前 501/0年以来,各部族 (フュレ) から1名,計 10名のストラテゴスたちが民会 (エクレシア ) の選挙で選ばれ,任期は1年で重任が許された。彼らはポレマルコス (ポリスの軍事,外人管理を司る最高官) のもとで,各自の部族の軍団を指揮した。前 487/6年アルコン職が抽選制になるとポレマルコスは軍事指揮官であることをやめ,ストラテゴスの権威は高まり,事実上国家の最高役職となり,軍事指揮だけではなく政治的指導者でもあった。テミストクレスキモンはその初期の例。ペリクレスは前 443年以降死ぬまでほとんど毎年再選された。アテネの軍事力が衰えて以後は,政治的影響力を得る手段ではなくなり,職務分担が決められるようになった。ヘレニズム時代にはアイトリアアカイア連盟の政治,軍事両面に広い権限をもつ役職の名称となり,ヘレニズム諸王朝の地方長官の呼称でもあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ストラテゴス【stratēgos】
古代ギリシアの陸軍海軍の指揮官。後に広範な行政権を賦与された高位の役職名となる。〈将軍〉と訳されることが多い。クレイステネスの改革後のアテナイでは,10人が部族ごとに(後には全市民の間から)選ばれて,アルコン・ポレマルコスの司令のもとに部族成員の指揮にあたった。前487年の抽選制導入によりアルコン職の地位が低下すると,挙手による選出のうえに重任が許されていたため,この職の比重は増大した。ペリクレスがアテナイの政界で長年指導的位置を占めたのも,彼が連年15回もこの職を務めたことが大きい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

ストラテゴス
strategos
古代ギリシアの将軍職
アテネではクレイステネスの改革で10部族から1名ずつ計10名を民会で選出。1年任期で重任も許された。戦時にはこの中のひとりが最高司令官に就任。抽選による選出で無力化したアルコン(執政官)に代わって,ポリスの最高権力者となった。ペリクレスは15年続けてこの職に選ばれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストラテゴス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ストラテゴスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation