@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ストラビンスキー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ストラビンスキー
Stravinskii, Igor' Fëdorovich
[生]1882.6.17. ペテルブルグ,オラニエンバウム
[没]1971.4.6. ニューヨーク
ロシアの作曲家。ペテルブルグ大学で法律学を学び,並行してリムスキー=コルサコフに作曲を師事。 1910年以降スイスやフランスに住んだが,40年戦火を避けて渡米。渡米後は指揮者として自作初演を多く手がけた。 62年フルシチョフの招きで故国を訪問。死後遺言により S.ディアギレフが眠るベネチアのサン・マルコ大聖堂に葬られた。 (1) 作曲活動の第1期 民族主義的原始主義期 (ディオニュソス期) 。ディアギレフのバレエ・リュスの委嘱によるバレエ曲の作曲,『火の鳥』 (1910) ,『ペトルーシカ』 (11) ,『春の祭典』 (13) の三大バレエ曲がこの期の代表作。 (2) 第2期 新古典期 (アポロ期) 。オペラ・オラトリオ『オイディプス王』 (27) ,『詩篇交響曲』 (30) ,『3楽章の交響曲』 (42~45) などが代表作。 (3) 第3期  12音技法を積極的に取入れる。『七重奏曲』 (53) ,『カンティクム・サクルム』 (55) ,『アゴン』 (53~57) ,『トレニ』 (57~58) などが代表作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ストラビンスキー(Igor' Fyodorovich Stravinskiy)
[1882~1971]ロシア生まれのアメリカの作曲家。新古典主義・十二音技法と、作風を変容させながら、現代音楽の展開に大きな影響を与えた。作品に「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ストラビンスキー【Igor Stravinsky】
1882‐1971
ロシア生れの作曲家で,20世紀の芸術音楽の展開に決定的な影響を与えた。ペテルブルグ郊外のバス歌手の家庭に生まれ,早くから音楽に親しみ,9歳の時からピアノと作曲を学び,16歳の時に最初のピアノ曲《タランテラ》を作曲した。父親の希望でペテルブルグ大学法学部に入学したが,音楽家の道を捨てきれず,法学部の友人の父親リムスキー・コルサコフに作曲を師事し,1902年に本格的な習作《ピアノ・ソナタ》を完成した。以後リムスキー・コルサコフ,ドビュッシー,ワーグナー,ベートーベンの音楽をモデルにしながら,《交響曲変ホ長調》を作曲し,作品番号1をこの作品につけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ストラビンスキー
すとらびんすきー
Igor Stravinsky
(1882―1971)

ロシア生まれの作曲家。スイス、フランス、アメリカに住み(1945年アメリカ市民権を獲得)、20世紀音楽の歩みの先頭にたって、芸術音楽の展開に決定的な影響を与えた。

 1882年6月17日、ペテルブルグ近郊に生まれる。父はマリンスキー劇場の有名なバス歌手。早くから音楽に親しんでいたが、両親の希望で官吏の道を目ざしてペテルブルグ大学の法学部に入学。20歳の夏に作曲家になる決心を固め、リムスキー・コルサコフに師事し、作曲の基礎を学び、1907年に四楽章からなる本格的な作品、交響曲変ホ長調(作品1)を発表した。09年2月、『スケルツォ・ファンタスティック』(1908)と『花火』(1908)がロシア・バレエ団の主宰者ディアギレフに認められ、この2人のコンビによる同バレエ団の栄光の時代が開始される。いずれもパリで初演された『火の鳥』(1910)、『ペトルーシュカ』(1911)、『春の祭典』(1913)の三大バレエ作品は、ロシアの伝統的な民話風の題材を用い、ロシア民謡風の五音ないし六音の旋律、大編成のオーケストラの斬新(ざんしん)な響き、小節線の存在をまったく無視した複雑なリズムを使った音楽で、その激しいエネルギーに満ちた原色的で表出的な音楽は、パリとヨーロッパの音楽界に大きなセンセーションを巻き起こし、新鋭作曲家ストラビンスキーの名前は全ヨーロッパに広まった。三大バレエ作品以後、第一次世界大戦とロシア十月革命によって故国に帰れなくなり、スイスの各地を転々としながら、『きつね』(1916)、『兵士の物語』(1918)など小編成の作品を作曲して、次の新古典主義の作風を準備した。

 1920年の『プルチネッラ』から45年の『エボニー協奏曲』までは、ストラビンスキーの新古典主義の様式によって作曲されている。これらの一連の作品では、ペルゴレージやバッハ、ハイドンやベートーベンの古典主義の音楽がモデルにされた。また『十一楽器のためのラグタイム』(1918)でジャズの語法に注目した彼は、ジャズだけではなく、タンゴ、ワルツなどポピュラー音楽にも接近した。34年にフランス国籍を獲得し、ピアニスト、指揮者としてステージに登場して自作を演奏すると同時に、レコードや自動ピアノのための録音も積極的に行った。

 1939年9月、ハーバード大学での講義のために渡米。前の年に最初の妻と母親を失ったストラビンスキーは、以前からの恋人ベラをアメリカに呼び寄せ、アメリカの西海岸で永住することにした。アメリカ時代の彼は、まず自作の改訂版の仕事に力を入れ、多くの作品をさまざまな楽器編成のために編曲した。48年の暮れに若い作曲家、指揮者のR・クラフトと出会い、以後クラフトを助手として『道楽者のなりゆき』(1951)、七重奏曲(1953)などの創作活動を再開すると同時に、自作の指揮者として世界各国のステージに立った。51年のシェーンベルクの死後は十二音技法に興味をもち、『カンティクム・サクルム』(1955)、『説教・説話・祈り』(1961)、『レクイエム・カンティクルズ』(1966)など、十二音技法による宗教音楽を数多く残した。59年(昭和34)4月、77歳で日本を訪れ、NHK交響楽団で自作を指揮したが、晩年は健康がすぐれず、71年4月6日ニューヨークで没した。遺体は、生前の彼が愛し、『カンティクム・サクルム』を献呈したベネチアに埋葬された。

[船山 隆]

『塚谷晃弘訳『ストラヴィンスキー自伝』(1981・全音楽譜出版社)』『船山隆著『ストラヴィンスキー――二十世紀音楽の鏡像』(1985・音楽之友社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ストラビンスキー
(Igor' Fjodorovič Stravinskij イーゴリ=フョードロビチ━) ロシア生まれの作曲家。ペテルブルクの大学時代リムスキー=コルサコフに作曲を師事。バレエ曲「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」で成功をおさめ、以後その原始主義、ジャズ的手法などで現代音楽への新たな道を開き、新古典主義の大家となった。ロシア革命後スイス、フランスに住み、一九三九年アメリカに移住。(一八八二‐一九七一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストラビンスキー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ストラビンスキーの関連情報

関連キーワード

ボアソナード早稲田大学スティーブンソンマーク・トウェーンワーグナージーモンディルクセンハルゼープルーインプレグラン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation