@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ストローク【すとろーく】

デジタル大辞泉

ストローク(stroke)
水泳で、腕で水をかくこと。また、そのひとかき。
テニス・卓球・ホッケー・ゴルフなどで、球を打つこと。また、ゴルフで打数のこと。
スピードスケートで、一滑り。
ボートで、オールの一こぎ。また、ボートの艇尾に最も近いこぎ手(整調)のこと。
行程(こうてい)4

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

ストローク
言葉や身振りで相手に働きかけること。精神科医 E. バーンが提唱した交流分析の用語で、コミュニケーションの基本単位をなす。近年ではコーチングにも取り入れられている。 ストロークには、ほめる、微笑みかける、握手するなどの「肯定的ストローク」と、非難する、怒鳴る、殴るなどの「否定的ストローク」がある。また、両者のそれぞれに、相手の行為や成果に向けられる「条件つき」の場合と、相手の人格や存在そのものに向けられる「無条件」の場合とがある。 バーンによれば、人は無条件の肯定的ストロークを受けることで自己重要感を増す。しかし、人は何の関心も示してもらえない状態には耐えられないため、肯定的ストロークが得られない状態が続くと、否定的ストロークでも得ようとするようになるという。したがって、個人の成長・育成には適切なタイミングで肯定的ストロークを与えることが重要とされる。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すとろーく【ストローク】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ストローク【stroke】
水泳で、手やオールで水をかくこと。
ラケットやクラブでボールを打つこと。
行程に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ストローク
〘名〙 (stroke)
① ボートで、水中でのオールの一掻き。また、時間に対する漕ぎ数。
② ボートの艇尾に最も近い漕ぎ手。整調。
水泳で、腕で水を掻くこと。一かき。
④ テニス・卓球・ゴルフなどで球を打つこと。また、ゴルフでは打った打数のこともいう。
※テニス(1923)〈熊谷一彌〉三「総てストロークは、サービスを除く外は、フォワー・ハンドとバックハンドの二つより成る」
⑤ 往復運動をする機械類のピストンやプランジャーが一端から他端まで動くこと。また、その動く距離。行程衝程
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉四「ウォシントンポンプが鈍重なストロークで船底をゆすり初めた」
タイプライターのキーの時間に対する打ち数。打数。
⑦ ギターなどで、和音を弾くときの、弦をかき鳴らす手の動き。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストローク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ストロークの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation