@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ストークスの抵抗法則【ストークスのていこうほうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ストークスの抵抗法則
ストークスのていこうほうそく
Stokes' law of resistance
流体中を球が運動するとき,球の速度がきわめて遅い場合には,球に働く抵抗 D は速度 U に比例し,D=6πμaU (a は球の半径,μ は流体の粘性率) で表される。これをストークスの抵抗法則という。この法則はレイノルズ数 R=2ρaU/μ (ρ は流体の密度) の値が R<1 の範囲にあるきわめて遅い運動に対して成り立つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ストークス‐の‐ていこうほうそく〔‐テイカウハフソク〕【ストークスの抵抗法則】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストークスの抵抗法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ストークスの抵抗法則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation