@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スピッツ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スピッツ
Japanese spitz
イヌの1品種。かつて日本に広く分布し,日本スピッツともいわれたが,日本の土着犬ではない。形態はドイツの大型スピッツやサモイエド Samoyedに類似しているので,おそらくこれらから派生したものと推定される。性質は感覚が鋭敏,動作は活発なので,大きいものは番犬に,小さいものは愛玩用に向く。体高は 33~37cm, 30~34cm。吻はとがり,小さな立をもち,飾り毛豊かなを背負う。全身純白の長毛におおわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スピッツ
Spitz, Mark Andrew
[生]1950.2.10. カリフォルニア,モデスト
アメリカ合衆国の水泳選手。名門サンタクララ水泳クラブ出身で,16歳の頃から自由形バタフライで世界記録を連発,1968年には高校生でメキシコオリンピック競技大会代表に選ばれた。このとき「金メダルを6個取る」と広言したが,優勝はリレーの2種目だけ。「スピッツはやはり子犬」とマスコミにたたかれた。しかし,インディアナ大学在学中の 1972年のミュンヘン・オリンピック競技大会では自由形の 100m,200m,バタフライの 100m,200m,自由形リレーの 400m,800m,そして 400mメドレーリレー (バタフライ) の7種目にいずれも世界新記録で優勝。1大会で金メダル7個獲得という大記録を樹立した。メキシコ・オリンピックでの2個を合わせ,個人合計9個の金メダル獲得は陸上競技のカール・ルイスら3人と並ぶオリンピックの最多記録である。 1983年に全米オリンピック殿堂入り。引退後タレントに転向したが,のち実業家に転進

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スピッツ(〈ドイツ〉Spitz)
《先のとがった、の》犬の一品種。ドイツ原産の小形種。口先がとがり、耳が立ち、尾は巻く。長毛で全身白色。番犬・愛玩用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーフィン用語集

すぴっつ 【スピッツ SPIT】
チューブが閉じるときにエアーと共に吹き出される水しぶき。

出典:(株)デジサーフ、(株)セキノレーシングスポーツ
Copyright(c)2006 i92surf.com All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スピッツ【René Arpad Spitz】
1887‐1974
乳幼児の精神発達の追究で名高い小児精神科医。ウィーン生れ。ブダペスト大学で医学博士の学位を得たのち,S.フロイトの指導をうけて精神分析医となる。1938年渡米。彼は乳幼児の微笑反応,8ヵ月不安に関する研究をはじめ,母親と離別した乳児の深刻な反応である依存抑鬱(よくうつ)anaclitic depressionや,施設収容児が精神・身体発達の著明な遅れを示すというホスピタリズム(施設症)などを明らかにしたほか,神経学,精神身体医学にまで及ぶ,実証的・実験行動学的理論を展開し,母子関係の成立ちを中心とした乳幼児の精神発達の研究に大きく貢献した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スピッツ【Spitz】
先のとがったの意 口吻と立ち耳の先端がとがった北方系犬種の総称。シベリアンハスキー・サモエドなど。
日本にほんスピッツ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スピッツ
すぴっつ
spitz
哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、正式名称は日本スピッツという。本犬種は、サモエドやフィニッシュスピッツなどを含む北方犬族に属するが、そのうちのどの犬族に端を発するかは明確でない。大正の終わりごろには日本にすでに到来していたといわれるが頭数は少なく、爆発的に流行し全国に広まったのは第二次世界大戦後のことである。純白の長毛で立ち耳と巻き尾をもつスピッツは美しく、大きさも小柄で、じょうぶで扱いやすいこともあって、大人気を得た。しかし、犬種標準も整備されず、計画的な繁殖もなされなかったため、喧噪(けんそう)な性質のものも続出し、人気離れも見受けられるようになった。最近は日本産の犬種として標準も整備され、より優れた犬種の作出に根強い愛好者が取り組んでいる。現在はイギリスでもショーに出されるようになり、愛好者は世界的になりつつある。スピッツの名称は、ドイツ語で「とがったもの」を意味し、耳先や口吻(こうふん)がとがっていることに由来する。体高36~40センチメートル、体重6.3~9キログラム。[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スピッツ
〘名〙 (Spitz 口と耳がとがっているところから) 本来は、口吻が細く、耳の先がとがり、尾の巻いた北方系の中型犬の総称。日本犬(秋田犬や柴犬など)も含まれるが、日本では一般に、日本スピッツの通称。日本スピッツは一九五五年ごろに日本で品種として確立された。もとになった品種は不明だが、洋犬であったことはまちがいない。肩高約三〇センチメートルの小形種。全身が白い長毛でおおわれて美しく、耳は小さくて立ち、尾は巻く。愛玩用のほか、警戒心が強いので番犬にもする。
※白い犬(1951)〈永井龍男〉「いいシュピッツだよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スピッツ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スピッツの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation