@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スピン量子数【スピンりょうしすう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スピン量子数
スピンりょうしすう
spin quantum number
G.E.ウーレンベックと S.A.ハウトスミットが,電子スピンすなわち自転の状態を指定するために導入した量子数。電子の角運動量は ±(1/2)(h/2π) の2つの値しかとりえないと考えた。ここで ms=-1/2 ,1/2 がスピン量子数である。より正確にいうと,スピン角運動量 s の2乗 s2 と,ある方向 ( z 方向) への s の成分 sz の固有値をそれぞれ s(s+1)(h/2π)2ms(h/2π) と表わしたとき,s をスピン量子数,ms をスピン磁気量子数と呼ぶ。 sms も 1/2 の整数倍である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スピン‐りょうしすう〔‐リヤウシスウ〕【スピン量子数】
素粒子の固有の角運動量(スピン角運動量)の大きさを特徴づける量子数。整数または半整数の値をとり、半整数の値をとる素粒子フェルミ粒子、整数の値をとる素粒子はボース粒子という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すぴんりょうしすう【スピン量子数】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

スピン量子数
スピンリョウシスウ
spin quantum number

素粒子はそれぞれ固有のスピン角運動量をもつが,その大きさはhプランク定数として,一般に

(h/2π)
で与えられ,ここに含まれる数sをスピン量子数という.たとえば,電子,陽子はいずれもs = 1/2,重水素核 2D はs = 1である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スピン量子数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スピン量子数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation