@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スフマート

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スフマート
sfumato
絵画用語。「ぼかした」「蒸発した」というのイタリア語。絵画技法で物体を包む空間の厚みを出すために画面輪郭線をぼかして描く法 (→キアーロスクーロ ) 。レオナルド・ダ・ビンチはこれを絵画芸術本質の一つとみて重要視している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スフマート【sfumato[イタリア]】
〈空気に消えてゆくのように〉(レオナルド・ダ・ビンチ),画面の明るい部分からごく暗い部分まで,界線なしに,徐々に変化する諧調をいう。〈煙〉を意味するイタリア語のフーモfumoに由来し,〈煙のかかった〉の意。L.B.アルベルティは《絵画論》において,輪郭(素描)が絵画の基本であるとしたが,これに対して,レオナルド・ダ・ビンチは,線によって把握できない諸現象の描写を絵画の本質と考えた。すなわち,スフマートの手法は,その本質に,空気遠近法によるアトモスフィアの描出と,色彩と光によって物体を認識する絵画的ビジョンを含んでおり,線描を基本とする構築的な古典主義に代わってバロック,あるいはロマン主義の絵画様式の端緒を開いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

スフマート
〘名〙 (sfumato) 物体の輪郭を線ではっきり描かないで、周囲の空間との境をぼかして描く絵画技法。空間における物体の存在を現実的に表現するための手法で、レオナルド=ダ=ビンチによって始められた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スフマート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スフマートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation