@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スフロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スフロ
Soufflot, Jacques-Germain
[生]1713.7.22. イランシー
[没]1780.7.29. パリ
フランスの建築家。フランスに古典主義建築を導入した 18世紀の最もすぐれた建築家。リヨンならびにローマのフランス・アカデミーで建築を学び,のち小アジア各地を旅行して古典建築を研究。帰国後リヨン劇場およびオテル・ディオーを設計して名声を博した。 1755年パリサント・ジュヌビエーブ聖堂 (現パンテオン) 設計の懸賞募集に入賞。この建築は 64年に起工し,彼の死後完成した。 57年国王の主任建築家となり,ルーブル宮の造営にたずさわった。上記のほか彼の設計に成った建物ではパンテオン広場に面するパリの法科大学 (1772) ,リヨンのマッソン病院などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スフロ【Jacques‐Germain Soufflot】
1713‐80
フランスの建築家。オーセール近郊のイランシーIrancy生れ。ローマのフランス・アカデミーで古典建築を学ぶ。帰国後リヨンでオテル・デュー(1755)などの公共建築を多く手がけて名声を博し,パリに招かれてサント・ジュヌビエーブ教会(1790。現,パンテオン)などを設計。ローマ滞在中に知ったピラネージを中心とする新古典主義の影響を受け,古典建築の厳正さに奔放な精神を加味したフランス新古典主義建築を生み出した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スフロ
すふろ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スフロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スフロの関連情報

関連キーワード

ヤーノシークスペイン領ネーデルラントフリードリヒ1世(3世)ハプスブルク家ピエモンテビバルディロイズ総合年表(アメリカ)鬱滞蓮華会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation