@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スプレケリア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スプレケリア
Sprekelia formosissima; Aztec lily; Jacobean lily; orchid amaryllis
ヒガンバナ科の1属1種の植物。和名ツバメズイセンは,を広げたツバメのような花形に由来する。メキシコ原産の球根植物で,幅約 1cmの線形の葉が根出する。 20cmほどの赤褐色の茎頂部に,直径 13cm前後の花を1個つける。花被片は6個で緋紅色。春に球根を植付ける。普通,鉢植えにするが,関東地方以西では露地植えでも育つ。日当りと水はけのよい環境を好む。秋に葉が変したら鉢ごと乾燥状態にするか,球根を掘上げて乾燥貯蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スプレケリア【Jacobean lily】
花の形によりツバメズイセンとも呼ばれるヒガンバナ科の春植球根植物。中央アメリカ(メキシコ,グアテマラ)産で半耐寒性。鉢植え,花壇用に利用されるほか,水栽培もできる。数枚の濃緑色スイセンの細葉種のような葉を出し,長さ約30cm。初夏のころに,平たい濃赤色の鉛筆大の20~30cmの花茎を出し,通常1花をつける。花は6弁であるが,上3弁と下3弁に分かれ,大型で横径は12cmくらい,真紅で美しい。大球になると次々と3本ぐらい続開するが,1花の開花期間が2~3日と短い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スプレケリア
すぷれけりあ
[学] Sprekelia formosissima (L.) Herb.

ヒガンバナ科(APG分類:ヒガンバナ科)の春植え球根草。メキシコ、グアテマラ原産。花の姿がツバメに似ることから和名ツバメズイセンともいう。葉は線形で、長さ約20センチメートル。5~6月、高さ約20センチメートルの花茎に濃緋紅(ひこう)色の花をつける。6枚の花被片(かひへん)のうち左右の2枚は、とくに細長く湾曲している。アマリリス属と同属にされていたが、唇弁がはっきりしていて1茎1花であること、仏炎包の基部が鞘(さや)状になっていることで区別された。植え付けは春先に行う。寒さに弱いので、球根は掘り上げて貯蔵するとよい。

[平城好明 2019年1月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スプレケリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スプレケリアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation