@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スプーン

デジタル大辞泉

スプーン(spoon)
匙(さじ)。主に洋食で物をすくうためのもの。
ゴルフで、ウッドクラブ3番の。3番ウッド。
ルアーの一。金属製の、さじに似た形の擬似餌(ぎじえ)。湾曲しているため、水中で独特の動きをする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スプーン【spoon】
液体や粉体をすくうボウルの部分に柄のついた食卓用具。日本語の〈さじ〉にあたる。英語spoonの語源木片のこと。フランス語ではcuillèreといい,巻貝を食べるときの道具に由来する。古くから木,貝,素焼き,石,角,象牙,青銅,銀などでスプーンがつくられ,古代エジプトでは化粧材料の混合や調理用に使われていた。ギリシア・ローマ時代にも調理用や給仕用のものが各種使われたが,当時の貴族宴会では,寝椅子に横たわり,料理は指でつまむか,汁気の多い料理は,食器から直接口にしたり,パンを浸して食べたので,個人用のスプーンは必要としなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スプーン【spoon】
洋風の匙さじ
ゴルフクラブのうち、ウッドの三番。
ルアーの一。匙形の金属板がついた擬餌鉤ぎじばり。水中でゆらゆらと動き魚を誘う。 → ルアー

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

スプーン【spoon】
洋風の匙(さじ)。飲食物や薬品をすくったり、混ぜたりするのに用いる。材質は銀、ステンレスなどがあり、用途に応じてスープスプーン、デザートスプーン、ティースプーンなどの種類がある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スプーン
〘名〙 (spoon)⸨スプン⸩
① さじ。主に洋食に用いる金属製のものをさす。
※航米日録(1860)二「フーク、〈略〉ナイフ、〈略〉スプウン〈食匙〉を人数に応じて卓子上に並べ」
② ゴルフのクラブでウッドの三番をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スプーン
すぷーん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スプーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スプーンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation