@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スベアランド【すべあらんど】

日本大百科全書(ニッポニカ)

スベアランド
すべあらんど
Svealand
スウェーデンの三大地方区分の一つで、その中央部にあたる。面積8万0139平方キロメートル(内水面を除く)、人口約347万(2001)。名称は「スベア人の地」という意味。スベア人は、6世紀ごろからメーラレン湖にあるビヨルク島、ヘルガ島を中心に海外と交易し、遺跡を多く残している。東部は多島海を配してバルト海に臨み、北東部は平野部で農業が営まれる。西部のノルウェー国境に近いベルムランド、ダーラナ両地方は山岳丘陵地帯で、林業、製紙、皮革業、酪農が盛んなほか、史跡に富む観光地である。ダーラナ南部は鉄、鉛、銅を産し、鉱工業が発達する。首都ストックホルムを中心に、西のメーラレン湖、イェルマレン湖周辺は湖水地帯をなし、豊富な工業用水と水上交通の便を生かした工業地帯となっている。[中島香子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スベアランド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スベアランドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation