@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スペイン内乱【スペインないらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スペイン内乱
スペインないらん
Spanish Civil War
1936~39年スペイン人民戦線政府に対し,国内では保守派,国外からはイタリアのファシストとナチス・ドイツが支援した武装反乱。 36年2月 16日の総選挙勝利を収めた人民戦線派は,左翼共和党,共和同盟の連立内閣を組閣,政教分離,農地改革などの政綱を掲げ,ファシスト勢力の指導層を投獄,左遷した。しかし F.フランコ旗頭とする軍部,王党派,右翼諸党は,7月 17日にまずスペイン領モロッコで軍の反乱を起し,それが本土の軍隊の決起を促した。人民戦線政府側は労働者,農民の支持を得,フランコ側は地主,資本家,教会の支援を受けていた。ドイツ,イタリア,ポルトガルはフランコ側を助けて多量の兵器,弾薬,有力な義勇軍を送り,ソ連は人民戦線政府を支持して,武器,弾薬を送り,軍事代表団を派遣して全面的に支援した。フランコ側は当初共和政を支持する民衆の抵抗にあい苦戦を強いられたが,ドイツ,イタリアの援助を受けて8月以後盛返し,9月末には本土の約3分の2を手中に収め,10月フランコは自ら国民政府の統領 (→カウディリョ ) と宣言した。交戦者双方を支援するドイツ,イタリア,ソ連などは,自国の最新兵器を送り,斬新な戦法を試みたので,スペイン内乱はあたかも国際的な新兵器試験場の観を呈し両陣営に凄惨な残虐行為が発生した。スペイン正規軍の大部分がフランコ側に属したため,またソ連の援助兵器の質の悪さ,人民戦線側の兵器購入力の不足,イギリス,フランスの不干渉政策などのため,人民戦線政府側の善戦にもかかわらず,39年1月 26日バルセロナが陥落。3月 23日には共和国政府軍が維持していたマドリードでフランコ軍との和平を求めるクーデターが起り,同月 28日フランコ軍はマドリードに入城した。かくてスペイン内乱はファシスト勢力側の勝利に終った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スペインないらん【スペイン内乱】
1936年7月17日夕方,スペイン領モロッコで勃発し,スペイン全土に拡大して,39年4月1日に終結した内乱,内戦。この結果,スペイン第二共和政は壌した。
[多様な内乱像]
 スペイン内乱は世界の耳目を集め,その解釈論評の内容は非常に多岐にわたった。多様な見解が生じた第1の理由としては,内乱がスペインの歴史全体,とりわけ17世紀後半以降の歴史の中でとらえられていないことがあげられる。第2に,イデオロギーにとらわれた一方的あるいはかたよりのある狭い視野で内乱が語られたためである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

スペイン‐ないらん【スペイン内乱】
一九三六年から三九年にかけてのスペイン人民戦線政府と軍部・右翼勢力との内乱。一九三六年の総選挙で勝利を収めた人民戦線派に対し、右翼勢力がフランコを指導者として政府打倒の反乱を起こし、ドイツ、イタリアのファシズム勢力の援助を受けて国際的規模の内乱に発展。一九三九年四月反乱軍が勝利して共和政は崩壊し、フランコを総統とする独裁国家が誕生した。スペイン内戦。スペイン市民戦争。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペイン内乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スペイン内乱の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦山本嘉次郎戦間期(年表)[各個指定]工芸技術部門バラングルートヘニー数学基礎論

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation