@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スペイン独立戦争【スペインどくりつせんそう】

世界大百科事典 第2版

スペインどくりつせんそう【スペイン独立戦争】
ナポレオンの侵略に反対するスペインの戦争(1808‐14)。フランス軍が1808年3月マドリードに接近し,無能なスペイン王カルロス4世と王妃マリア・ルイサおよび大臣のM.ゴドイの政治に対する国内の不満が,3月17日のアランフエス暴動に引き続いて5月2日のマドリード民衆の蜂起を生んだ。この蜂起は,すぐにスペイン全土に広がった。バイレンの戦(1808年7月)のスペイン側の勝利は,ナポレオンの兄でスペイン王のホセ1世のマドリード撤退を余儀なくした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スペイン独立戦争
すぺいんどくりつせんそう
1808年から1814年にかけて、ナポレオン1世のイベリア半島侵略に対してスペイン民衆が抵抗し、スペインの独立を守った戦争。半島戦争ともよばれる。ナポレオンは、大陸封鎖令を出してイギリスと大陸との貿易を遮断しようとしたが、ポルトガルはイギリスとの関係を切ることができず、ナポレオンは1807年ポルトガルに出兵し、リスボンを占領した。ついで同年スペインの要地を占領した。当時、スペインでは、カルロス4世の王妃マリア・ルイサの愛人であった宰相ゴドイManuel de Godoy y Alvarez de Faria(1767―1851)が政治的実権を握っていた。国民のゴドイに対する不満が高まって、1808年3月、反ゴドイの反乱によって王子フェルナンドが即位した。同年5月10日、ナポレオンは兄ジョゼフをスペイン国王の地位につけた。これより先の5月2日、マドリードの民衆はフランス占領軍に対して蜂起(ほうき)した。ゴヤは『5月2日』『5月3日』の絵でこの蜂起と報復とを描いている。このマドリードの蜂起によって、スペイン全土にわたる独立戦争が勃発(ぼっぱつ)した。各地方は実際上の権力であるフンタ(評議会)をたて、民衆はフランス軍に対してゲリラ戦を展開した。ゲリラということばは、このときの小戦闘guerrillaというスペイン語に由来する。同年8月、イギリス軍がスペインに上陸してスペイン軍を援助した。1810年、フランス軍は攻勢に出たが、翌1811年には敗勢に向かった。1813年10月にイベリア半島にあったフランス軍はほぼ一掃された。この間、各フンタの代表が南部の港カディスに集まり、1810年9月から国会(コルテス)が開かれ、1812年3月「1812年憲法」を制定した。この憲法は自由主義的色彩の濃いもので、王権を制限し、基本的人権・民主主義を規定し、農地改革の諸条項を含んでいた。このスペイン独立戦争は、ナポレオンの大陸支配が崩壊する転機をなした。[斉藤 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペイン独立戦争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スペイン独立戦争の関連情報

関連キーワード

ブルボン朝デービー(Sir Humphry Davy)ドルトン(John Dalton)ベートーベン1808年5月3日ゴヤ(年譜)ブルボン家一八〇八年五月三日クライスト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation