@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スペイン継承戦争【スペインけいしょうせんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スペイン継承戦争
スペインけいしょうせんそう
War of the Spanish Succession
1701~14年スペイン王位継承をめぐり,イギリスフランスの対抗を主軸として行われた国際戦争。スペイン王カルロス2世は病弱で嗣子がなく,フランス王ルイ 14世の孫アンジュー公フィリップ (のちのフェリペ5世 ) を相続者に定めた。フランスによるスペイン領アメリカ植民地貿易独占を恐れたイギリスは,オランダおよび継承権をもつオーストリアと同盟しフランスに宣戦した。同盟側にはプロシア,ポルトガルが,フランス側にはバイエルンが参加。戦闘はイタリア,ネーデルラント,ドイツなどのヨーロッパ各地,カナダのフランス植民地で行われ (→アン女王戦争 ) ,同盟側が一貫して優位に立った。 11年にオーストリアでヨーゼフ1世が没してスペイン王に推されていたカルル大公が帝位についたため講和の機運が高まり,13年4月 11日ユトレヒト条約,翌 14年3月6日ラスタット条約が成立して戦争は終った。これらの条約により,スペイン王としてアンジュー公フィリップが承認され,スペインはイギリスにジブラルタル,ミノルカ,アフリカ奴隷の売込権 (→アシエント ) を,オーストリアにネーデルラント,ミラノ,サルジニアを,サボイにシチリア島を割譲した。この条約によってイギリスは最大の受益国となり,世界に海洋植民国家としての地位を確立した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スペイン‐けいしょうせんそう〔‐ケイシヨウセンサウ〕【スペイン継承戦争】
1701年から1714年にかけて、フランス・スペインとイギリス・オーストリア・オランダとの間に起こったスペイン王位継承をめぐる戦争。ユトレヒト条約が締結され、ブルボン家の王位継承が認められたが、フランスの退潮とイギリスの海上覇権確立をもたらした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スペインけいしょうせんそう【スペイン継承戦争 War of the Spanish Succession】
スペインにおけるハプスブルク朝(ハプスブルク家)の断絶ともない,その王位と領土の継承をめぐって,フランスとイギリス,オランダ,オーストリアなど対仏連合諸国との間で行われた戦争(1701‐14)。1700年の秋に病身で嗣子のないカルロス2世が没すると,遺言によりスペインの全領土は,フランス王ルイ14世(第1王妃がスペイン王女であった)の孫フィリップ(フェリペ5世)に譲られた。オーストリア・ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝レオポルド1世(在位1657‐1705)はこれを認めず,直ちにフランスと国交断絶したが,この遺贈にはフィリップがフランス王位への要求権をいっさい放棄するという条件がついていたので,かねがねスペイン領土の継承に関心をもっていたイギリスとオランダは,当面これを黙認する態度をとった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スペインけいしょうせんそう【スペイン継承戦争】
1701~14年のスペイン王位継承をめぐる国際戦争。フランス王ルイ一四世の孫フィリップの即位に反対して、オーストリア・オランダ・イギリスが同盟して開戦、フランス・スペインは王位継承と引き換えに多くの領土を失った。 → ユトレヒト条約

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スペイン継承戦争
すぺいんけいしょうせんそう
1701~14年にかけてのフランス、スペインとイギリス、オーストリア、オランダとの間の戦争。1700年にスペイン王カルロス2世が没したが、王には子がなかったので、フランス王ルイ14世の孫フィリップ・ダンジューを後継者に指名し、彼がフェリペ5世として即位した。これに対し海上貿易、とくに新大陸貿易確保の観点から、フランスとスペインとの提携に反対する、イギリス、オランダ、およびスペイン王位継承権を主張するオーストリアの三国は、同盟を結んで対抗し、宣戦した。開戦当初は、フランスが優勢であったが、オーストリアのオイゲン公がイタリアでフランス軍を破ったのち、04年同公とイギリスのマールバラ公が、ブレナムの戦いでフランス・バイエルン連合軍を撃破し、戦局を転換した。イベリア半島に上陸したオーストリアのカール大公の軍も、06年マドリードに入城した。さらに、オイゲン公とマールバラ公は同年それぞれイタリアとネーデルラントで勝利を収めたのち、08年にはウーデナルドの戦いでフランスに大打撃を与えた。一方、海上でも、イギリス、オランダ艦隊はポルトガル沿海でフランス、スペイン艦隊を破り、04年ジブラルタルを占領した。
 こうした同盟軍の優勢をみて、ルイ14世も講和を決意したが、その条件について妥協がならなかったため決裂し、戦争は続行された。その後もフランスは、一時戦勢を回復したものの一般的には振るわず、守勢であった。しかし、イギリスでホイッグ党内閣にかわってトーリー党内閣が成立し、オーストリアではヨーゼフ1世が死去してカール6世が即位するなどの同盟諸国の国内情勢の変化により、戦争終結への機運が兆し、1711年イギリスとフランスの交渉をきっかけに、13年ユトレヒト条約の締結となった。その後もオーストリアは戦争を継続したが、これも翌年のラスタット条約で終わりを告げた。なお、この戦争と並行して新大陸ではアン女王戦争が戦われた。[松村 赳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スペイン‐けいしょうせんそう ‥ケイショウセンサウ【スペイン継承戦争】
一七〇一年から一四年にかけて行なわれた、スペインの王位継承権をめぐるフランス、スペイン対オーストリア、イギリス、オランダの戦争。戦火はアメリカ植民地にも拡大(アン女王戦争)。スペイン側が敗北し、ユトレヒト条約およびラスタット条約で終結。フランスの退勢とイギリスの海上覇権が確立した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

スペイン継承戦争
スペインけいしょうせんそう
War of the Spanish Succession
1701〜14年,スペイン王位継承をめぐる国際戦争
1700年スペイン王カルロス2世のによりハプスブルク家が断絶,新王にルイ14世の孫フェリペ5世が即位すると,イギリス・オランダ・オーストリアはフランス−ブルボン家の拡張に反対して同盟し,フランス・スペインに宣戦。この争いは植民地抗争にもつながり,イギリス・フランス両国はインド・北アメリカの植民地でも戦った(アン女王戦争,1702〜13)。1713年のユトレヒト条約でフェリペの王位継承は認められたが,フランス・スペインは合併を禁じられ,また多くの植民地や領土を失った。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペイン継承戦争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スペイン継承戦争の関連情報

関連キーワード

浅野長矩キッド浅野長矩浅野長矩スティールフェリペ[5世]浅野長矩浅野長矩レン高田藩

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation