@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スペクテーター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スペクテーター
The Spectator
イギリスの評論家 R.スティールと J.アディソンが創刊した評論・随筆新聞。 1711年3月1日から 12年 12月6日まで発行。日刊。 14年に再刊されたが長くは続かなかった。「スペクテーター・クラブ」で当時の地主,新興商人,軍人などのメンバーが時代風俗,道徳,芸術などを論じ合うというフィクションを中心に,架空の投書の形式なども用いて,当時のほとんどあらゆる話題を取上げ庶民にもわかりやすい文体と内容で常識的市民道徳を説いている。イギリスの定期刊行物史上で重要な位置を占めるが,それにもまして,市民文学,小説の歴史において重要な役割を果した。なお,同名の週刊誌が 1828年に創刊されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スペクテーター(The Spectator)
アジソンとスティールが共同で創刊した新聞。架空の会員クラブが発行するという体裁で、二人のエッセーを主に掲載。1711年3月から1712年12月まで、日刊で全555号を発行。その後、1714年にアジソンが再刊したが、80号で終刊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スペクテーター【Spectator】
イギリス18世紀初期の日刊のエッセー・ペーパー。アディソンJoseph AddisonとスティールRichard Steeleが1711年3月1日に創刊した。スティールは,1709年4月12日からアディソン,スウィフトJonathan Swiftら文人の協力をえて《タトラーTatler》(週3回刊)と題する,ビカスタッフIssac Bickerstaffという架空の語り手によるエッセー主体の新聞を出し,大きな成功を収めていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スペクテーター
すぺくてーたー
The Spectator
18世紀イギリスの日刊紙。1711年3月、R・スティールとJ・アジソンによって創刊。仮想人物からなる会員クラブの発行という形式で、当時の風俗や文学に関する2人のエッセイを主として掲載する。田舎(いなか)紳士、サー・ロジャー・ド・カバリーといった仮想人物などで有名。1712年12月、555号でいったん廃刊。その後1714年アジソンにより再刊、80号で終刊。[玉泉八州男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペクテーター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スペクテーターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation