@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スポンジ

デジタル大辞泉

スポンジ(sponge)
海綿をさらして、繊維状の骨格だけにしたもの。吸水性に富む。また、合成樹脂などでつくった海綿状のもの。食器洗いなどに用いる。
スポンジボール」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スポンジ【sponge】
もともと,海中動物であるカイメンを意味する言葉である。カイメンの多孔質骨格は保水性があり,柔軟性,弾性に富むので,家庭用品として,食器,家具,車の洗浄用ブラシなどに用いられてきた。しかし,高分子工業の発達とともに,カイメンと同様な連続気泡を有し,柔軟性,弾性に富む合成発泡体が低コストで任意の大きさに均一に製造されるようになったため,現在ではほとんど合成品に置き換えられた。 代表的な高分子はポリウレタンであり,軟質ウレタンフォーム(軟質発泡ポリウレタン)として製造,使用される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スポンジ【sponge】
海綿を繊維状の骨格だけとしたもの。多孔性で吸水性に富む。
を模して作られたゴム・合成樹脂製品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スポンジ
〘名〙 (sponge)
① モクヨクカイメンなど、骨片がなく、海綿質繊維が網目状構造をしている海綿類をさらして海綿質繊維だけにしたもの。吸水性が強く、入浴用などに利用される。また、これを模して、ゴムや合成樹脂で作ったものもいう。海綿。スポンス。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「紙幣を数閲するものは海棉(スポンヂ)を湿し、小盂(さら)におき指頭を時時湿して閲す」
② 「スポンジボール」の略。
※暢気眼鏡(1933)〈尾崎一雄〉六「球はスポンヂでなく、本ボールと云はれる固いものだった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スポンジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スポンジの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation