@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スポーツ外傷・スポーツ障害【スポーツがいしょう・スポーツしょうがい】

六訂版 家庭医学大全科

スポーツ外傷・スポーツ障害
スポーツがいしょう・スポーツしょうがい
Sports trauma, Sports injury
(外傷)

どんな外傷・障害か

 スポーツによる外傷・障害は、急性の外傷と慢性の障害とに分けられます。外傷とはいうまでもなく、骨折、脱臼(だっきゅう)捻挫(ねんざ)打撲(だぼく)挫傷(ざしょう))、肉ばなれ、腱断裂(けんだんれつ)靭帯(じんたい)損傷などです。

 一方、障害とは主としてスポーツによる使いすぎ(オーバーユーズ)を原因として発生するものです。すなわち、腱、靭帯あるいはその付着部、関節軟骨(かんせつなんこつ)をはじめとする関節構成体、さらには骨組織などに繰り返しの負荷が加わることにより、これらの組織やその周囲に炎症が生じたり、組織自体の変性や破綻(はたん)を来すものです。

 以下に外傷と障害の具体例について紹介しておきます。

竹田 毅

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スポーツ外傷・スポーツ障害」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スポーツ外傷・スポーツ障害の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation