@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スマッツ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スマッツ
Smuts, Jan Christiaan(Christian)
[生]1870.5.24. リーベークウェスト
[没]1950.9.11. プレトリア,イレーネ
南アフリカ共和国の政治家,軍人ケンブリッジ大学を経て 1895年弁護士を開業。 98年南アフリカ共和国検事。イギリスとの関係が悪化するなかで自治獲得の交渉にあたり,決裂後のボーア (ブール) 戦争では軍を指揮した。 1906年トランスバール自治植民地成立後は L.ボータとイギリスに対する協調政策を推進し,10年南アフリカ連邦が成立。 17~18年イギリス戦時内閣閣僚。 19~24,39~48年南アフリカ連邦首相。国際連盟創設に貢献し,国際連合憲章草案の起草にも参画した。著書に『ホーリズムと進化』 Holism and Evolution (1926) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スマッツ【Jan Christiaan Smuts】
1870‐1950
南アフリカ連邦の軍人,政治家。ケープ植民地に生まれ,ステレンボス大学法学部卒業後,ケンブリッジ大学に留学した。1895年帰国後トランスバール共和国大統領クリューガーの知遇を得て国選弁護士となり,ボーア戦争中はボーア軍ゲリラを率いて戦った。1905年L.ボータと人民党を結成し,ボーア人の自治権回復を要求して渡英,06年トランスバール自治権回復とともにボータ自治政府の植民地次官兼教育相に就任した。10年の南アフリカ連邦成立後,鉱業国防・内相となり,ボータと南アフリカ党を結成した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

スマッツ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スマッツの関連情報

関連キーワード

普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史普仏戦争ナポレオン開拓使コッペリアシュトラウス文化闘争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation