@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スモモ【すもも】

日本大百科全書(ニッポニカ)

スモモ
すもも / 酸桃

plum

バラ科(APG分類:バラ科)サクラ属スモモ亜属(バラ科スモモ属とする説もある)のうちのスモモ類(英名プラム)の総称で、約80種があり、このうち十数種が果樹として栽培利用されている。落葉性の低木または中高木で、アジア、ヨーロッパ、北アメリカに分布する。花は白色で、萼(がく)、花弁とも5枚、雌しべ1本、雄しべは多数、ウメに次いで早春に開く。多くの品種は自家不結実性が高い。熟期は6~8月である。ニホンスモモ、セイヨウスモモおよびこれらを素材として育成された品種が多く栽培され、次の各種が果樹として重視される。

(1)ニホンスモモPrunus salicina Lindl. 原産地は中国揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン)流域から日本に及ぶ地域といわれる。小高木で、枝に刺(とげ)のあるものがある。葉は薄く、淡緑色、長倒卵形で細かく鋭い鋸歯(きょし)がある。開花期は早い。果実は球形ないし長球形で、果皮や果肉は黄色または紫紅色である。これまでに米桃(よねもも)、寺田李(てらだすもも)、万左衛門(まんざえもん)、甲州大巴旦杏(はたんきょう)(別名ケルシー)、ソルダム、サンタローザ、ホワイトプラムなどの品種がつくられ、栽培されている。ニホンスモモの大果品をハタンキョウ(巴旦杏)、ボタンキョウ(牡丹杏)とよぶこともある。

(2)セイヨウスモモP. domestica L. 原産地はカフカス(コーカサス)からカスピ海にかけての地域。中高木で枝に刺はない。葉は肉厚で暗緑色、卵形または倒卵形で不ぞろいの鋸歯がある。花は大きい。果実も大きく、球形または卵形で、果肉は黄色のものが多い。豊産性で、これまでに1000品種余りが発表されている。日本ではかつて雨の少ない東北地方で栽培され、セイヨウハタンキョウの名で知られたが、熟すと果実が裂けるものも多く、おもな用途が乾果であったため栽培は伸びなかった。

(3)ダムソンスモモP. domestica subsp. insititia (L.) Bonnier et Layens(P. insititia L.) 原産地はヨーロッパ南東部から西アジア。前種に似るが、果実は広楕円(こうだえん)形または卵円形で小さい。

(4)アメリカスモモは、アメリカスモモP. americana Marsh.やメキシコスモモP. mexicana Wats.などアメリカ原産のスモモの総称で、種類は多いが、品質不良で、日本では栽培されていない。このほかP. maritima Marsh.もアメリカ原産で、主として観賞用とする。

[飯塚宗夫 2020年1月21日]

栽培

繁殖は接木(つぎき)による。台木にはモモやアンズのほかミロバランスモモmyrobalan/P. cerasifera Ehrh.などが使われる。植え付け本数は10アール当り15~18本がよく、自家不結実性が高いので、交配用に交雑親和性のある品種を10%程度混植する。日本での結果樹面積は2810ヘクタールで、年生産は1万9600トン(2017)、山梨県での生産がもっとも多い。全世界の生産は1205万トン(2016)である。

[飯塚宗夫 2020年1月21日]

食品

日本スモモは可食部100グラム中にカロチン48マイクログラムを含む。そのほかは栄養的にはみるべきものは少ないが、夏の生果物として貴ばれる。缶詰やプラム酒にもされるが、ペクチン含量が多いのでジャムやゼリーに適している。プラム酒は、焼酎(しょうちゅう)1リットルにスモモ500グラム、砂糖150グラムを加えて漬け込む。ジャムは、生果1に対し砂糖0.7を目安とする。西洋スモモは乾燥果としての利用が多く、核をつけたまま乾燥しても良質の乾燥果の得られる品種をプルーンpruneといい、とくに需要が多い。この乾燥スモモを一晩水に浸してから甘く煮つめたものは洋菓子の飾りに用いられる。乾燥果の収率は品種や熟度によって異なるが、生果1.8~3キログラムから1キログラムの乾燥果が得られ、10アールの栽培から500キログラムの乾燥果が期待できる。

[飯塚宗夫 2020年1月21日]

文化史

中国では周代の『詩経(しきょう)』に載る王風(おうふう)の「丘中有麻篇(きゅうちゅうゆうまへん)」と題する詩には、丘中に李(り)ありと描写され、栽培下にあることがうかがえる。李白(りはく)は「春夜桃李の園に宴するの序」を詠んだ。日本へは上代に伝わり、『日本書紀』には「李(すもも)みのれり」(推古天皇24年)、「李華」(同34年)などの記述がある。『万葉集』では大伴家持(おおとものやかもち)の歌1首だけが載る。「わが園(その)の李の花か庭に落(ふ)る(ちる)はだれのいまだ残りたるかも」(19巻4140)。

[湯浅浩史 2020年1月21日]

『農山漁村文化協会編・刊『果樹園芸大百科14 スモモ・アンズ』(2000)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

スモモ
 →プラム

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スモモ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スモモの関連情報

関連キーワード

APG分類体系アケビマツモ(沈水植物)イグサ科カエデカツラ科キンギョモナギイカダフウホザキノフサモ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation