@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スラック

デジタル大辞泉

スラック(slack)
原義はゆるみ、たるみの
組織における余剰資源。
線路のカーブ部分で、レールの幅を少し広げて車両が通過しやすいようにしたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スラック(Slack)
米国スラック社が開発したチャットソフトウエア。パソコンモバイル端末などさまざまな環境に対応し、1対1またはグループメッセージのやり取りができる。過去のメッセージの検索や引用ファイル共有が容易で、多くビジネス向けに利用される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すらっく【スラック】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スラック
すらっく
slack

線路の曲線部において、車両がきしまないで円滑に通過できるように設ける軌間の拡大寸法。スラックをつけるとき、外側レールはそのままにしておき、内側レールをスラックだけ曲線の内側にずらせることにより軌間を拡大する。

 JR各社の在来線のスラック量は、2軸車・3軸車それぞれについて、曲線半径の区分ごとに決められている。2軸車の場合は、曲線半径200メートル未満であれば5ミリメートルのスラックをつけ、200メートル以上はスラックをつけないこととしている。3軸車の場合は、曲線半径200メートル未満が20ミリメートルのスラック、200メートル以上240メートル未満が15ミリメートル、240メートル以上320メートル未満が10ミリメートル、320メートル以上440メートル未満が5ミリメートルで、440メートル以上はスラックをつけないこととしている。

 スラックは、円曲線の前後で徐々に変化させる必要がある。その基準は、以下のものである。

(1)緩和曲線のある場合はその全長で徐々に0まで減らしてゆく。

(2)緩和曲線のない場合は、円曲線端から当該曲線を走行する車両の最大固定軸距以上の長さの区間において徐々に0まで減らしてゆく。

[大澤伸男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スラック
SLAC国立加速器研究所」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スラック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スラックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation