@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スラッファ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スラッファ
Sraffa, Piero
[生]1898.8.5. トリノ
[没]1983.9.3. ケンブリッジ
イタリアの経済学者。 1920年トリノ大学を卒業し,ペルージア大学,カリアリ大学経済学教授を歴任。 25年に発表した論文を修正した『競争的条件のもとにおける収益法則』 The laws of returns under competitive conditions (1926) で A.マーシャル批判を行う。 J.M.ケインズの招聘により 27年以降ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジフェロー,63年以降名誉講師。在職中,ケインズ,D.ロバートソン,J.V.ロビンソン,N.カルドア,M.ドッブらの経済学者はもとより,L.ウィトゲンシュタインの哲学にも影響を与えた。彼の研究は,(1) ドッブの協力を得て編集した『リカード全集』 The Works and Correspondence of D.Ricardo (11巻,1951~73) に象徴される古典派経済学の理論的復興,(2) リカードおよび K.マルクスの価値と分配の理論に含まれる困難の克服の解明,(3) 新古典派経済学の限界理論に対する批判,の3面で評価され,ケンブリッジ資本論争以後の経済理論の再編に大きな足跡を残した (→ケンブリッジ革命 ) 。また,トリノ大学在学中に革命家 A.グラムシと知合い,グラムシが投獄されて以降援助を続けた。著作『商品の商品による生産』 Production of Commodities by means of Commodities (60) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スラッファ(Piero Sraffa)
[1898~1983]英国の経済学者。イタリアの生まれ。マーシャルを批判して不完全競争理論の確立に影響を及ぼし、新古典学派にかわる基礎理論を提示した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スラッファ【Piero Sraffa】
1898‐1983
経済学者。イタリアのトリノに生まれ,トリノ大学に学び,そこでグラムシを知り,生涯の友人の一人となる。青年時代,社会主義運動に携わったが,1925年にイタリア語で公表されたマーシャルの価格論に対する批判論文で高い評価を受け,27年ケインズによりケンブリッジ大学に招かれ,キングズ・カレッジからトリニティ・カレッジに移り,そこでフェローに選任された。マーシャル図書館の館長を長期間つとめる。彼は第1に,第2次大戦後公刊されたほぼ完全な《リカード全集》(1951‐73)の編集者であり,現代のリカード研究の第一人者でもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

スラッファ
生年月日:1898年8月5日
イタリア生まれの経済学者
1983年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スラッファ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スラッファの関連情報

関連キーワード

取調べゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者リナロオール[各個指定]工芸技術部門

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation