@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スラプスティック・コメディ【すらぷすてぃっくこめでぃ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

スラプスティック・コメディ
すらぷすてぃっくこめでぃ
slapstick comedy
アクション(動き)のおかしさや、論理的な飛躍などギャグを主体とした喜劇映画のことで、日本ではどたばた喜劇ともいわれる。スラプスティックとは、寄席(よせ)芸人が舞台で相棒をたたくのに使った棒のことである。この種の映画はコメディア・デラルテの伝統のあるイタリアやその影響を強く受けていたフランスで1900年代に始まった。アンドレ・デードAndr Deed(1884―1938)、マックス・ランデMax Linder(1883―1925)、ポリドールPolidor(1887―1977)などが活躍、さらにその影響はイギリスを経てアメリカに伝わり、マック・セネットが1912年におこしたキーストン社を中心に、破壊とスピードの狂騒的映画を生み出した。メイベル・ノーマンドMabel Normand(1894―1930)、ロスコー・アーバックルRoscoe Arbuckle(1887―1933)らのスターの時代の後で、チャールズ・チャップリン、バスター・キートン、ハロルド・ロイド、ハリー・ラングドンHarry Langdon(1884―1944)らが1920年代以後も活躍を続けた。映画がサイレント(無声)からトーキーになるとともにこの種の純粋な作品はみられなくなったが、1960年代から70年代にかけて、現代文明の狂気を映し取る手段として再認識され、広範囲に取り入れられた。しかし80年代になるとテレビ出身のコメディアンが増えたことなどから喜劇の芸風が大きく変わり、従来のスラプスティック芸はパロディ的に消化・拡散されたり、特殊効果で代用されたりして、大きく退潮している。[出口丈人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スラプスティック・コメディ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スラプスティック・コメディの関連情報

他サービスで検索

「スラプスティック・コメディ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation