@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スロヴェニア

旺文社世界史事典 三訂版

スロヴェニア
Slovenia
バルカン半島北西部に位置し,アルプス山脈に連なる共和国。首都リュブリャナ
【古代〜近代】6〜7世紀に南下した南スラヴ系のスロヴェニア人はこの地域に定住したが,8世紀にカトリックがもたらされ,その後フランク王国の治下で西欧文化圏にはいった。10世紀半ば東フランクのオットー1世の支配がこの地におよび,その後は神聖ローマ帝国に組み込まれた。13世紀後半からはオーストリアのハプスブルク家に統治されることとなった。18世紀後半,ヨーゼフ2世によってスロヴェニア語による教育が禁止されたが,1860年ころからスロヴェニア語を守る協会がつくられ,民族主義運動も開始された。
【20世紀の動向】第一次世界大戦後,オーストリア帝国の崩壊で,1918年12月セルビア−クロアティア−スロヴェニア(セルブ−クロアート−スロヴェーン)王国が成立。この王国は1929年ユーゴスラヴィア王国と改称。第二次世界大戦後は,1945年成立のユーゴスラヴィア連邦人民共和国の構成国となった。この旧ユーゴスラヴィア時代,スロヴェニアは他の共和国より高い経済水準を維持していた。1989年9月連邦離脱権を明記したスロヴェニア共和国憲法改正案を採択。1990年4月の選挙で民族主義・独立派が政権を掌握し,91年6月連邦からの独立を宣言すると,連邦軍がスロヴェニアに侵攻して一時内戦状態となったが停戦が成立。10月独立発効を宣言,また連邦軍が撤退を完了。12月にドイツが独立を承認,次いで1992年1月ヨーロッパ共同体(EC)(現ヨーロッパ連合〈EU〉)も独立を承認。5月には国際連合に加盟。12月独立後初の大統領と国会議員の選挙が実施され,1993年1月自由民主党など5党派による連立内閣が組織される。1996年11月の選挙で自由民主党が第1党を維持し,人民党などとの連立政権を発足させた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スロヴェニア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スロヴェニアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation