@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スロージン

デジタル大辞泉

スロー‐ジン(sloe gin)
ジンスロースモモ一種)の香りをつけた甘い、濃赤色のリキュール

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

スロージン
 ジンリキュールの一種.リンボクとよばれる植物で香りをつけたリキュール.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

スロージン【sloe gin】
ジンにスロー(スモモの一種)の香味をつけ、砂糖を加えた赤褐色のリキュール。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

スロージン【sloe gin】

バラ科の落葉低木でプラムの一種、スローベリーの果実を軽く破砕し、スピリッツ浸漬してつくる、甘い濃紅色のリキュール種子を取り除いて漬け込むものも、一緒に浸漬して成分も浸出させるものもある。元来はイギリスなどの家庭でつくられてきたもので、胃腸の薬として用いた。イギリス、アメリカ、オランダなどのメーカーで製造されている。カクテルにも用いる。アルコール度数は25~35度。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スロージン
すろーじん
sloe gin
スローベリー(プラムの一種)の香りをもった、甘いジンタイプのリキュール。ジンでスローベリーの果汁を抽出し、砂糖を加えたもので、赤褐色をしている。アルコール分30~35%のものが多い。スローベリーの渋味質が強壮剤として、また消化不良や腸カタルにきく薬酒として珍重される。[原 昌道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スロー‐ジン
〘名〙 (sloe gin) 洋酒の一つ。プラムの一種「りんぼく」の実(スロー)の香りをつけた甘いジンタイプのリキュール。
※銀座二十四帖(1955)〈井上友一郎〉四「あたし、何かいただかしてよ。スロージンか何かを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スロージン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スロージンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation