@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スワンソン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スワンソン
Swanson, Gloria
[生]1898.3.27. シカゴ
[没]1983.4.4. ニューヨーク
アメリカの映画女優。 M.セネットの喜劇で売出したが,C.B.デミルの映画に連続登場してから 1920年代のトップスターとなった。主作品『男性と女性』 (1919) ,『アナトール』 (21) 。『サンセット大通り』 (50) でカムバック

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スワンソン【Gloria Swanson】
1899‐1983
アメリカの映画女優。サイレント時代のハリウッドを代表する大スターの一人で〈100万ドル女優〉〈女王〉と呼ばれた。シカゴに生まれ,14歳でシカゴのエッサネイ撮影所にエキストラとして雇われ,17歳でハリウッドに赴き,マック・セネットの短編どたばた喜劇に出演(〈水着美人〉の一人であった)。19歳のとき,パラマウントで第1次世界大戦後の時代にふさわしい新しいヒロインを演ずる女優をもとめていたセシル・B.デミル監督に認められて,《夫を換ゆる勿れ》《連理の枝》《男性と女性》(ともに1919),《何故妻を換へる?》(1920)などの〈ベッドルーム・ファース(寝室喜劇)〉や風俗メロドラマに主演し,26年には週給空前の2万ドルと噂された大スターになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スワンソン
すわんそん
Gloria Swanson
(1897―1983)
アメリカの映画女優。シカゴ生まれ。初めマック・セネットのもとで「海水着美人」の一人として喜劇に出ていたが、セシル・B・デミル監督に認められ、『夫を変へる勿(なか)れ』『男性と女性』(ともに1919)、『アナトール』(1921)などの風俗メロドラマに主演、時代の先端をゆく華やかさでトップ女優の座につき、豪華な私生活とともに一世を風靡(ふうび)した。トーキーになって昔日の人気はなくなったが、1950年にビリー・ワイルダー監督の『サンセット大通り』で実生活そのままのヒロイン役でカムバックして話題をよんだ。[畑 暉男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スワンソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スワンソンの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ

他サービスで検索

「スワンソン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation