@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スンマ・コントラ・ゲンティレス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スンマ・コントラ・ゲンティレス
Summa contra gentiles
『対異教徒大全』と訳されるトマス・アクィナス主著の一つ。 1259~67年の作。本書は基本的に次の4部に分けられる。 (1) 神の本質,(2) 被造物性質,(3) 被造物が究極の目的へといたる運動,神の摂理の問題,(4) 理性的認識の可能性と限界などである。神に関するいくつかの真理 (三位一体秘跡,受肉,復活) の理解は人間的理性をこえたものである。自然的理性が理解しうるものは,神の存在そのものである。この書はイスラム圏に派遣された布教師の願いによって聖書権威を認めない人々にあてて書かれたものであり,また大学をイスラム哲学から防衛するという意義をもっていたもので,一面においては確かに哲学全書的ではあるが,結局は「自然的理性は信仰の真理に反しえない」というトマス・アクィナスの神学的態度によって貫かれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スンマ・コントラ・ゲンティレス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スンマ・コントラ・ゲンティレスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation