@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スーサ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スーサ
Sousse; Sūsah
チュニジア中央東部,ハンマメット湾南岸の港湾都市で,スーサ県の県都。肥沃なオリーブ,穀物栽培地域にある商業中心地。イワシ缶詰,自動車組立て,オリーブ油製造,綿紡などの工場がある。リン鉱石,石油,エスパルト草 (パルプ原料) ,皮革アーモンド海綿輸出港。前9世紀にフェニキア人が貿易基地として建設し,カルタゴ,ローマ時代を通じて繁栄した。初期キリスト教のカタコンベ跡が残る。ビザンチン時代からアグラブ朝までの城塞に囲まれた旧市街には大モスク,市場やイスラム教徒の居住地があり,1988年世界遺産の文化遺産に登録。人口 10万 1071 (1989推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スーサ
Susa
イラン南西部の古代都市。スサとも表記される。ザグロス山脈南麓に位置し,今日のフージスターン州シューシュ Shushにあたる。エラム王国とアケメネス朝ペルシアの首都。前4000年頃から定住があったと推定され,アッカド時代にはエラム民族の国家が生まれ,その首都となったが,前640年頃アッシリアアッシュールバニパルによって破壊された。しかし前522年からアケメネス朝ペルシアダレイオス1世とその後継王たちがここを首都と定め,宮殿をはじめ都市が建設されて大いに栄えた。首都がペルセポリスに移ったあとも,冬宮,交易中心地として重んじられた。ヘレニズム時代にはセレウキアと呼ばれて自治都市となり,3~7世紀のササン朝ペルシアでは絹の産地として有名であった。14世紀末前後まで地方の中心都市として栄えた。2015年世界遺産の文化遺産に登録。(→スーサ遺跡

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スーサ(Susa)
イラン南西部の古代都市。エラム地方の都で、前7世紀にアッシリアに滅ぼされたが、のちアケメネス朝ペルシアの首都として繁栄した。現在のフーゼスターン州の都市シューシュ
リビア北東部、キレナイカ地方の町。地中海に面し、ベイダの北東約30キロメートルに位置する。古代ギリシャの植民都市アポロニア遺跡があることで知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スーサ【Susa】
イラン南西部のザーグロス山脈西麓,フージスターン平原にある古代都市遺跡。ペルシア湾頭から北へ約240kmの地点に位置する。先史時代からメソポタミアとイラン高原をつなぐ交通の要所として重要な役割を果たしてきたが,アケメネス朝ペルシアのダレイオス1世がここに首都を建設したことによって巨大な都市跡を残した。 遺跡の主要な部分は南北に長い菱形で,南北1400m,東西800m,北に〈アパダーナapadāna〉,西に〈アクロポリス〉,東に〈王の都市〉,南に〈天主閣〉と便宜的に名付けられた4地区からなり,最高のアクロポリスで周囲からの高さが35mある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

スーサ【Sūsa】
チュニジアの東部地中海岸にある港湾都市。スースSousseともよばれる。古称ハドルメトゥムHadrumetum。人口約12万5000(1994)。チュニスの南280kmのハッマーマート湾に面し,前9世紀にフェニキア人によって建設され,古くから港町として栄えた。フランス植民地時代,鉱山鉄道がスファックスに敷設されるまでは,リン鉱石の積出港として発展した。現在は外国工業製品の輸入港,背後のサヘルのオリーブ油の輸出港であり,風光明媚な海岸にはホテルが並ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スーサ
すーさ
Susa

イラン南西部のフーゼスターン地方にある、先史時代からイスラム時代にわたる遺跡。カールーン川に合流するシャーウル川左岸にあり、とくにアケメネス朝ペルシアの都市がもっとも有名である。遺跡の北端には玉座の間であるアパダーナとダリウスの宮殿、その南西にアクロポリスがあり、南東に王の都市と名づけられた計三つのテル(遺丘)が連続し、王の都市の東に技術者の都市とよばれるテルがある。アクロポリスからは、スーサI型と名づけられた彩文土器が出土しているが、それとともに動物文、人物文、幾何学文などの土器が出土し、それはシアルクⅢ期、ウバイド期と関係が深い。アパダーナ、ダリウス王宮のあるテルは、アパダーナの丘とよばれる。ダリウスの王宮からはバビロニア語、エラム語の粘土板文書が発見され、王の都市は、フランスのギルシュマンの発掘により、イスラムからエラム時代までの15層が確認されている。シャーウル川右岸でも大広間が発見されている。現在のスーサの東に接したアクロポリスの丘の麓(ふもと)には、出土品を収蔵した博物館がある。

[糸賀昌昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スーサ
(Susa) 紀元前三〇〇〇年頃に成立したエラム民族の都市。のちにペルシア帝国アケメネス朝の首都となる。古代イラン文化の中心地で、その遺跡はイラン南西部のシューシュにあり、彩文土器、彩釉煉瓦などを出土する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スーサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スーサの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation