@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スー族【スーぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スー族
スーぞく
Sioux
アメリカインディアン,スー語系諸族のうち,3つの民族集団,サンティ (ダコタ) ,ヤンクトン (ナコタ) ,ティトン (ラコタ) の総称。「スー」は「敵」を意味するオジブワ族による呼称で,「同盟者」を意味する「ダコタ」などは,自称というより3つの集団間の友好関係を表現する言葉である。 17世紀以前にはスペリオル湖周辺でワイルドライス採集トウモロコシやウリなどを栽培する半農・半漁経済を営んでいたが,スペイン人から手に入れたウマを飼育するようになった 1760年頃から大平原地帯に進出し,典型的な季節移動バイソン猟に立脚する文化を形成した。ティピーという円錐形天幕に住み,戦士が秘密結社をつくるなど,その文化と社会組織はほかの平原インディアンと相似している。また,アパッチシャイアンと並んで白人の侵略に最も激しく抵抗したが (→リトルビッグホーンの戦い ) ,1890年のウンデッドニーの虐殺以降,その活動は微した。現在では約4万人のスー族がいくつかの指定居留地に分散している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スーぞく【スー族 Sioux】
北アメリカ大平原地方の狩猟インディアン。スー語系言語を話す全集団を指すこともある。ふつうダコタDakota族と呼ばれる。もと五大湖地方西部の森林地帯に住んでいた農耕狩猟民であったが,植民地時代から合衆国独立ころ,ヨーロッパ人との間の毛皮交易が盛んになるにつれ,東部のオジブワ族やフランス人が西進し,それにつれて西に移動し一部は大平原地方に進出した。18世紀後半にミズーリ川流域に達しアリカラ族と接触してから大平原の文化要素を取り入れ,大平原の代表的な部族になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

知恵蔵mini

スー族
北米の先住民族。米国北部の中西部に居住するインディアン、ラコタ族、ナコタ族、ダコタ族の総称。紀元前4000年頃に現在の米国オハイオ州オハイオ川流域で結成された。その後、ウィスコンシン州やミネソタ州付近の森林地帯に移って狩猟採集生活を送っていた。19世紀末になると、白人による保留地政策により居留地内での定住生活を強制され、狩猟民族としての文化が破壊された。1890年にサウスダコタ州のウーンデット・ニーでスー族が米連邦政府軍に虐殺された事件は、同国におけるインディアン戦争の象徴となっている。
(2013-7-25)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スー族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スー族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation