@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セイヨウショウロ【せいようしょうろ】

世界大百科事典 第2版

せいようしょうろ【セイヨウショウロ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

セイヨウショウロ
せいようしょうろ / 西洋松露

子嚢(しのう)菌類、セイヨウショウロ目セイヨウショウロ科チュベル属Tuberの地下生のキノコをいい、担子菌類のショウロとは無縁である。チュベル属には約30種が記録されているが、一般にジャガイモ形で、内部に迷路状に走る狭いすきまがあり、その中に子嚢胞子をつくる。胞子は楕円(だえん)形、褐色を呈し、表面に細かい突起または網形の彫刻模様を帯びるものが多い。ナラ類、カンバ・シデ類などの根に菌根をつくるキノコであるため、マツタケ同様に栽培は容易でない。強烈な香りを放つが、ヨーロッパ諸国では古くからトリュフtruffe(フランス語)、トラッフルtruffle(英語)の名で高級料理に用いられてきた。日本でもトリュフ、ツラフなどの名でよばれることが多い。とくに料理用として珍重されるのは次の2種である。

(1)ペリゴール・トリュフtruffe du Pèrigord/Tuber melenospermum Vitt. ペリゴールとはフランス南西部にある地方名で、この地域の名産として名づけられた。生(なま)のときは暗褐色であるが、煮ると黒くなるため「黒トリュフ」ともいわれる。きわめて高価なことから「黒いダイヤモンド」の愛称もある。石灰岩地帯のナラ林に生える。フランス料理で名高いフォアグラには欠かせないキノコである。

(2)ピエモンテ・トリュフPiedmont truffe/T. magnatum Vitt. ピエモンテとはイタリア北西部にある地方名。色が淡いので「白トリュフ」の名もある。風味はペリゴール・トリュフに劣らず、高級イタリア料理に用いられる。

 両種のほかに、夏トリュフT. aestivum Vitt.、冬トリュフT. brumale Vitt.も珍重される。これらのトリュフはいずれも地下生で目に触れないため、ヨーロッパでは、訓練されたブタやイヌを使って探り当てる。イタリアには、トリュフ採集のためのイヌを訓練する学校がある。

 日本ではこの種のキノコ(セイヨウショウロ)が長い間みつからなかったが、近年1、2種が発見されている。しかし、きわめてまれで食用にもされていない。

[今関六也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セイヨウショウロ
トラッフル」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セイヨウショウロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セイヨウショウロの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation