@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セウェルス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セウェルス
Severus, Flavius Valerius
[生]?
[没]307. ガリア,トレス・タベルナエ
ローマ皇帝 (在位 306~307) 。イリュリクムの貧民から軍人となり,パンノニアで活躍。 305年コンスタンチウス1世の下で副帝となり,パンノニア,イタリア,アフリカを支配。 306年にはガレリウスとともに正帝。重税を課したため,ローマ市に反乱が起り,これを指揮したマクセンチウスとその父マクシミアヌスに敗れて捕われ,処刑された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セウェルス
Severus, Lucius Septimius
[生]146. 北アフリカ,レプチス・マグナ
[没]211.2. ブリタニア,エボラクム
ローマ皇帝(在位 193~211)。セプチミウス・セウェルスとも呼ばれる。セウェルス朝の祖。騎士身分(エクイテス)の出身,軍人として活躍。190年執政官(コンスル),上パンノニア総督。コンモドゥス帝暗殺後の混乱に乗じ,193年カルヌンツムで皇帝に即位しローマに入る。近衛軍を解体して全軍団から新防衛軍を徴発し,軍団を各地に増設。同時に兵士の待遇も改善した。政策面ではイタリア偏重策を改め,ガイウス・ペスケンニウス・ニゲルを討って東方を平定,シリアを分割して反乱を予防した。王朝を開くため子のカラカラを副帝とし,みずからの家系をアントニヌス家に結びつけた。さらに西方の副帝アルビヌスを討ってブリタニアを二分し,197年クテシホンを落としてパルティアに大勝。202年カラカラを共治帝としてローマに帰還した。ブリタニアに遠征中,病とカラカラの離反に悩まされながらした。セウェルスは帝権の拡大を目指し,権力の地盤が軍隊にあることを認め,元老院を抑圧,法制にも興味をもち,法学者ドミティウス・ウルピアヌス,イウリアヌス・パウルス,アミリウス・パピニアヌスを登用。また財源を増すため統制経済に踏み出したが,軍団増設,兵士給与の増加,戦費,植民市建設,大建築などのため死後多大の経済的負担を残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

セウェルス【Severus】
465ころ‐538
アンティオキア総主教。在位512‐518年。アレクサンドリア,ベリュトスで研究し,488年に受洗。修道士として禁欲生活を送る。温和なキリスト単性論の立場に立ち,508年ころにはコンスタンティノープルへ赴いてアナスタシウス帝の単性論者迫害をやめさせた。アンティオキア総主教となってのちユスティヌス1世に追放されたが説をまげず,536年破門された。シリア語の説教,書簡が多数現存する。【松本 宣郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

セウェルス【Flavius Valerius Severus】
?‐307
ローマ皇帝。在位306‐307年。イリュリクムの下層出身の軍人。ガレリウスにとり立てられ,305年西の正帝コンスタンティウス1世下の副帝,養子となり,イタリア,パンノニア,アフリカの一部を支配。306年正帝の死に伴いガレリウスから正帝に推されたが,コンスタンティヌス1世などの反抗をうけ,ローマで蜂起したマクセンティウスを討とうとして逆に捕らえられ,のちまもなくローマ近郊で謀殺された。【松本 宣郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

セウェルス
せうぇるす

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セウェルス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セウェルスの関連情報

関連キーワード

デモカレスフィルム・コミッションFCW杯のチケット赤福二重被爆者ワッハ上方佐世保港と原子力艦院内会派

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation