@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セタン価【セタンカ】

デジタル大辞泉

セタン‐か【セタン価】
ディーゼル燃料の着火性を示す指数。ガソリンのオクタン価に相当。数値の高いほど着火性が良好。セタンを100、α(アルファ)-メチルナフタレンを零(1962年以降はヘプタメチルノナンを15)とし、両者の混合液と試料燃料とを比べて決める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

セタン価【cetane value】
ディーゼル燃料の発火性を表示する数値.標準燃料であるセタン(オクタデカン,C18H38)を α-メチルナフタリンで希釈したときの容量百分率として定義される.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

セタンか【セタン価 cetane number】
ディーゼルエンジン用の燃料の着火性を示す尺度の一つ。CFR標準エンジン(Cooperative Fuel Researchによる自動車燃料検査用エンジン)を用いて測定する。着火性のきわめて高いn‐セタン(セタン価100)とヘプタメチルノナン(セタン価15)とを混合した標準燃料と比較し,試料と同一の着火性を示す標準燃料の組成から次式により試料のセタン価を求める。 セタン価=セタンの容量%+0.15(ヘプタメチルノナンの容量%) ディーゼル軽油としてはセタン価45ないし50以上のものが要求される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

セタンか【セタン価】
ディーゼル機関用燃料の発火性を表す数値。発火性の高いヘキサデカン(セタン)と発火性の低いアルファメチルナフタレン(1962年以降はヘプタメチルノナン)との混合物を試料の燃料と比べ、試料と同じ発火性を示す混合物中のセタンの体積百分率を表す数値(1962年以降は、これに0.15を加えたもの)を、その試料のセタン価とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

セタン価
せたんか
cetane number
ディーゼル燃料の発火性の良否を示す指数で、セタン価が高い燃料ほど発火性が良好なことを示す。ディーゼルエンジンでは、燃料が気筒内の圧縮加熱空気中に噴射されたのち、その自然発火により燃焼をおこす。この際、燃料の発火性が不良な場合は、着火するまでの時間(着火遅れという)が長く、この間に気筒内に蓄積された燃料が一時に燃焼をおこすため、気筒内圧力の上昇が急激にすぎ、ガソリンエンジンにおけるノッキングに類似したディーゼルノック現象をおこし、熱効率・出力が低下する。とくに小型高速ディーゼルエンジンでは、一行程の時間が短いため、ディーゼルノックをおこしやすく、発火性が良好で着火遅れの短い燃料を使用することが必要である。ディーゼル燃料の発火性はその化学構造により大きい差があり、ノルマル(直鎖状)パラフィンはもっともよいが、枝鎖の多いイソパラフィンや、とくに芳香族炭化水素はもっとも不良である。この点ガソリンのアンチノック性(オクタン価)とはまったく逆の関係にある。
 ディーゼル燃料のセタン価は、発火性が良好な代表的成分のセタン(n‐ヘキサデカン)、および発火性が不良な代表的成分のα‐メチルナフタレンの2種の炭化水素を標準燃料とし、それぞれのセタン価を100および0と定め、これら両成分を任意の割合に混合した標準燃料の示す発火性を、この燃料中のセタンの容量%の数値によって表す。しかしα‐メチルナフタレンは貯蔵中に変質しやすいため、1962年以降、低セタン価標準燃料としてセタン価15のヘプタメチルノナンを用い、セタン価は、
  (セタンvol%)+
   0.15(ヘプタメチルノナンvol%)
として計算することに改正された。とくに高速ディーゼル燃料としては、セタン価50以上のパラフィン系軽油が用いられる。[原 伸宜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

セタン‐か【セタン価】
〘名〙 (セタンはcetane) ディーゼルエンジン用燃料の発火性の良否を示す指数。正セタン(n‐ヘキサデカン)とアルファ‐メチルナフタレン(一九六二年以降はヘプタメチルノナンを用いる)を混合した液で、試料燃料と同じ発火性を示すもののセタン容量百分率(一九六二年以降はこれに〇・一五を加えたもの)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

セタン価
セタンカ
cetane number

ディーゼル燃料発火性の良否を示す指数で,セタン価の高い燃料ほど発火性が良好なことを表す.ディーゼル燃料の発火性は,その化学的組成によって大差があり,直鎖状脂肪族炭化水素がもっとも高く,分枝状脂肪族および芳香族炭化水素がもっとも低い.この傾向はガソリンアンチノック性(オクタン価)とまったく逆の関係にある.ディーゼル燃料のセタン価は,発火性のよい代表的成分としてセタン(n-ヘキサデカン),発火性の悪い代表的成分として1-メチルナフタレンの2種類の炭化水素を標準燃料とし,それぞれのセタン価を100および0と定め,これら両成分を任意の割合に混合した標準燃料と同じ発火性を示すとき,この標準燃料中のセタンの体積% の数値によって表す.しかし,1-メチルナフタレンは貯蔵中に変質しやすいため,1962年以降,低セタン価標準燃料としてセタン価15のヘプタメチルノナン(メチル基2,2,4,4,6,8,8位)を用い,セタン価は

(セタン体積%)+0.15(ヘプタメチルノナン体積%)
として計算することに改められた.とくに高速ディーゼル燃料としては,セタン価50以上のパラフィン性軽油が用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セタン価」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セタン価の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation