@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セバン湖【セバンこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セバン湖
セバンこ
ozero Sevan
アルメニア中部にある湖。面積 1360km2。北西部が深く,最大水深 86m。標高約 1900mの高地にあり,周囲は 3000m級の険しい山地となっている。西端からラズダン川が流出し,アラス川を経てカスピ海に排水するが,これによる流出量よりも蒸発量のほうがはるかに多い。第2次世界大戦後,ラズダン川に沿って六つの水力発電所が建設され,これに伴って湖面海抜高度がやや低下した。表層部の平均水温は夏 17.5℃,冬 1.6℃で,湖面全体が結氷することはめったにない。マス,イワナなど魚が豊富で,漁業が盛ん。沿岸のおもな都市はラズダン川に沿ったセバン。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

セバン‐こ【セバン湖】
Sevan》アルメニアにある湖。首都エレバンの北東約60キロメートルに位置し、同国最大の面積をもつ。海抜1897メートル。北西側のラズダン川から湖水が流出する。湖畔の町セバンは観光保養地としても知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

セバン湖
せばんこ
Севан/Sevan

アルメニア共和国にある湖。水面標高1900メートル、面積約1360平方キロメートル、最大水深86メートル。周囲を3000メートル級の山に囲まれた構造性の湖で、28の小河川が流入する。湖の北西端からラズダン川となって湖水が流出する。セバン‐ラズダン水系はCIS(独立国家共同体)の有力な水力発電地帯である。セバンマスが漁獲され、名産品となっている。厳寒年といえども全面結氷することはない。北西岸に観光・保養都市セバンがある。

[小宮山武治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セバン湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セバン湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation