@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セビニェ

デジタル大辞泉

セビニェ(Marie de Rabutin-Chantal, marquise de Sévigné)
[1626~1696]フランスの女流作家通称セビニェ夫人。夫は侯爵で、若くして未亡人となったが、結婚した娘にあてて書いた1500通に及ぶ手紙は、書簡文学の傑作とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

セビニェ
(Marie de Rabutin-Chantal, Marquise de Sévigné マリ=ド=ラビュタン‐シャンタル、マルキーズ=ド━) フランスの書簡文作家。セビニェ侯爵夫人。嫁いだ娘に、ルイ一四世下のパリ社交界の生活を才気に満ちた筆で書き送った手紙を中心とする「書簡集」で有名。セビニェ夫人。(一六二六‐九六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セビニェ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セビニェの関連情報

関連キーワード

弩爾哈斉ニコラオ今大路道三ニコラオケベード伊達政宗ヌルハチホンタイジホーフトヌルハチ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation