@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セラドン石【せらどんせき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

セラドン石
せらどんせき
celadonite

雲母(うんも)の一種。化学成分の違いによって5種類に細分される。普通、土状、まれに微細な鱗片(りんぺん)状結晶をなす。変質した火山岩、とくに安山岩や玄武岩の空隙(くうげき)に、玉髄、モンモリロン石、沸石類、ぶどう石などに伴って普遍的に産する。同じく雲母の仲間で色のよく似た海緑石とは産状で区別できる。セラドンとはフランス語で海緑を意味するので、本来ならセラドン石が海緑石と訳されるべきものであった。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セラドン石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セラドン石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation